二階堂亜樹の不敗神話は継続! オーラスでの劇的ツモに姉・瑠美もPV会場で大歓喜/麻雀・大和証券Mリーグ

 彼女の不敗神話はいつまで続くのだろうか。11月9日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」の2回戦で、EX風林火山の二階堂亜樹(連盟)が自身初の4着(ラス)が迫る大ピンチの中で、オーラスに劇的すぎる跳満をアガって3着に浮上した。パブリックビューイング会場で応援するファン、そして姉の二階堂瑠美を熱狂の渦に巻き込んだ。

 姉・瑠美がパブリックビューイング会場で見守る中、自身11戦目を迎えた二階堂は、前日までの戦績は10戦して1着が4回、2着が2回、3着が4回といまだラスなし。Mリーグでいまだラスを引いていないのは二階堂、EX風林火山のチームメイトである勝又健志(連盟)、渋谷ABEMASの多井隆晴(RMU)、そしてこの日の中継で解説を務めていたU-NEXT Piratesの小林剛(麻将連合)の4人だけだ。


 個人スコアランキングでも多井に続く2位につける二階堂だったが、この日の対局では大苦戦。放銃こそないものの他家のツモでジリジリと点棒を削られる展開が続き、まったくアガることができないままラス目で最終盤を迎えることになった。

 オーラスの南4局、ついにチャンスが訪れた。5巡目でタンヤオ系のイーシャンテン。しかしここから有効牌がまったく引けなくなり、捨て牌は3段目に突入。その間にトップ目の渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)にはテンパイが入っており、もはやラスは免れない状況かと思われた。


 迎えた14巡目、ようやくテンパイすると2・5索待ちでリーチを宣言。祈るように戦況を見つめる姉の瑠美。するとこの祈りが通じたのか、ここまでの苦戦が嘘のような結末が訪れた。


 一発でツモった牌はなんと赤5索。リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・赤2の跳満で一気に1万2000点を加点し、セガサミーフェニックスの魚谷侑未(連盟)をかわして3着に浮上した。この鮮やかすぎるツモアガリに、パブリックビューイング会場のEX風林火山ファンは大興奮。妹と同じユニフォームを着た瑠美も思わず「やったー!」と叫び、隣に座った岡田紗佳(連盟)と熱烈な拍手を送り続けていた。

 クールに解説をしてきた小林が「いや、これはすごいですね。(お姉さん)大喜びじゃないですか」と笑いながらコメントしてしまうほどに衝撃的だったオーラスでの跳満ツモ。苦しい中でも徹底して放銃を回避できる鉄壁の守備力と、全選手中4位につける平均打点の高さ。二階堂がこの長所を活かしてさらに無敗を維持できれば、チームと個人の「二冠」も視野に入ってくるだろう。


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックス

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000