石橋伸洋、チームのために「熱いデジタル」へ変貌 力ずくでトップもぎとる/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」11月12日の2回戦で、U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)が開幕戦以来、自身2勝目、チーム6勝目となるトップを取り、チームを3位から2位に浮上させた。

 対局者は起家からKONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)、EX風林火山・滝沢和典(連盟)、U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)、TEAM雷電・萩原聖人(連盟)と佐々木のみが連投となった。


 石橋の通り名は「黒いデジタル」。デジタル思考でありながら、既存のセオリーを局面ごとに無限に広げて使い分ける頭脳派プレイヤーだ。


 この日の石橋を奮起させたのは、1回戦で惜敗していたチームメイト・朝倉康心(最高位戦)の存在だった。トップが取れる可能性が高かっただけに落胆の激しかった朝倉の姿を見て「控室の雰囲気が最悪だったんで、トップを取って励ましてあげよう」と決意を固め、石橋は卓についた。

 その揺るぎない闘志が卓上に現れたのは東2局。4巡目にツモったドラの発をツモ切りすると、親番・滝沢がポン。アガれば親満1万2000点は確定していた滝沢に真っ向勝負を挑み、7巡目に役なし赤なしドラなしでリーチを敢行。


 これをアガりに結びつけ、1300点を獲得すると「これは1万3300点の価値がありますね。すごい勇気だ」と解説の渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)もその熱い戦いぶりを絶賛した。


 僅差で迎えた南場でも徹底的したリーチ攻撃を見せ、南1局1本場で2600点(+300点、供託3000点)、南2局ではリーチ・ツモ・平和・赤で5200点をアガり、これが決まり手。全9局中6回リーチと鬼神ごとく攻め切ってトップをもぎ取った。


 開幕戦以来の勝利に対して「なかなかトップが取れなかったんでうれしいですね」と相好を崩し、解説の多井も「石橋の麻雀は衝撃でしたね」と随所に見られた石橋思考「黒いデジタル」に驚嘆した。


 これでU-NEXT Piratesは3位から2位へランクアップ。試合後の控室では「マジでありがとうございます!」と涙ぐむ朝倉を抱擁する石橋の姿があった。


 「黒いデジタル」から「熱いデジタル」へ。仲間のために進化を遂げ、荒波を乗り越えた男が、目的地に向かってその速力を上げてきた。【福山純生(雀聖アワー)】


【2回戦結果】

1着 U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)3万4500点/+54.5

2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)3万400点/+10.4

3着 EX風林火山・滝沢和典(連盟)2万2600点/▲17.4

4着 TEAM雷電・萩原聖人(連盟)1万2500点/▲47.5


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会

【11月12日終了時点での成績】

1位 渋谷ABEMAS +257.7(28/80)

2位 U-NEXT Pirates +192.3(30/80)

3位 EX風林火山 +168.6(28/80)

4位 赤坂ドリブンズ ▲74.7(28/80)

5位 セガサミーフェニックス ▲121.2(28/80)

6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲173.4(32/80)

7位 TEAM雷電 ▲249.3(26/80)


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vs雷電vsPirates

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000