茅森早香の天才すぎる“修正力”前戦の反省いかし3勝目 勝率も.333に/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」11月13日の1回戦で、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)が自身3勝目となるトップを取った。前回登板時の手痛い2着の反省をすぐさま生かす、天才ならではの「修正力」を随所に見せ、チームに通算7勝目をもたらした。

 対局者は起家からTEAM雷電・萩原聖人(連盟)、渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)とランキング1、4、5、7位の対決。


 茅森が前回2連投したのは11月8日。初戦で劇的な大逆転トップを取り、2戦目も南4局まではトップ目にいた。しかし全員2万点台という僅差の中、ノーテン罰符で順位が変わる可能性もあったため、テンパイ維持を選択。結果、海底(ハイテイ)牌で満貫を放銃し、2着で終わっていた。対局後「内容的には良くなかった」と反省し、内容も結果もベストパフォーマンスを出すべく対局に臨んだ。

 茅森は東1局、白鳥に5200点を放銃するも、東2局でリーチ・一発・ツモ・タンヤオ・平和で8000点をアガって反撃開始。東3局・親番では、白鳥から先制リーチを受けながらも驚異の粘りを見せ「アガリにいくなら九万切りのほうがいい」とドラの九万を切り飛ばし、テンパイにこぎつけた。この局はアガリにこそ結びつかなかったが、実況のU-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)も「この面子は読みを入れてくるので(リーチ者に)通ってなくても切ってくるんですよね」と読みの精度を絶賛した。


 3着目で東場を折り返した茅森にチャンスがやってきたのは南3局1本場。親番でリーチ・ツモ・赤・ドラ3で跳満1万8000点(+300点、供託1000点)をアガってトップ目に。さらに手を緩めることなく攻め続け、南3局3本場では重なりやすい牌を河から見極めてリーチを決断。これをリーチ・ツモ・三暗刻・赤に仕上げ1万2000点(+900点、供託1000点)を加点。「自分が思っていることと来る牌が噛み合って、とてもよかった」と前回崩れかけた攻守のバランスを立て直す修正力の高さを見せ、勝率も9戦3勝で.333とした。

 勝利者インタビューで、対局前に何をしていたのかと聞かれると「ツモ力を鍛えようかなと思って、腕立て伏せをしていました」とその姿をチーム公式Twitterに投稿していたことを明かし「皆さん、効果ありますよ!」と満面の笑みで腕立て伏せを推奨するシーンも。実際、茅森のアガリ全4回のうち3回がツモアガリ。まさに心技一体の勝利となった。【福山純生(雀聖アワー)】


【1回戦結果】

1着 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)4万9400点/+69.4

2着 TEAM雷電・萩原聖人(連盟)2万5600点/+5.6

3着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)2万2800点/▲17.2

4着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)2200点/▲57.8


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ ドリブンズvsABEMASvsフェニックスvs雷電

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000