亀田大毅、兄・興毅は麻雀の「センスがない」とバッサリ 史郎氏・和毅は麻雀好きも亀田一家で対決ならず

 ボクシングの元世界2階級王者で亀田3兄弟の次男・亀田大毅が、亀田一家の麻雀ライフについて「親父と弟はやりますね。(興毅は)やらないですね。センスがない」とバッサリと斬り、共演者たちの笑いを誘った。

 大毅は11月11日、AbemaTVの麻雀ニュース番組「熱闘!Mリーグ」に出演。Mリーグでは俳優としても活躍するTEAM雷電・萩原聖人(連盟)のファンだといい「僕は萩原さんを応援しているんです。この人とやるために麻雀を始めましたから。『アカギ』の声優をやっていて、かっこいいと思って」と、“リアルアカギ”とも言われる萩原の活躍を待ち望んでいた。


 Mリーグについては「みんな最強の人の集まりですからね。1つのミスも許されないですよね」と、トッププロが集まった厳しい世界に、元プロボクサーとして共感する部分もあったようだ。一方で、亀田一家の麻雀事情について聞かれると「(興毅は)センスがない。できれば4人になるんですけどね」と、一家で卓が囲めない状況に苦笑いしていた。


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】熱闘!Mリーグ#6

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000