乃木坂46中田花奈、雀荘で麻雀満喫 役満・国士無双が未遂に「1筒が嫌いになりました」

 アイドルグループ乃木坂46の中田花奈が、大好きな麻雀で出現率の低い最高役である役満の国士無双をテンパイしたものの、待ち牌だった1筒(ピン)が来なかったことで「1筒が嫌いになりました」と、残念な思い出を笑顔で振り返った。

 中田は11月11日、AbemaTVの麻雀ニュース番組「熱闘!Mリーグ」にゲスト出演。早くも3回目の出演ということもあってか、中田の麻雀熱は日に日に増しているようで「麻雀を打つ回数が、この番組に出てから増えたんです。雀荘で国士無双をテンパったんですけど、アガれなくて残念でした」と最近の麻雀ライフについて語った。MCを務める爆笑問題・田中裕二から「乃木坂46が雀荘で国士無双ってすごいね」と突っ込まれると、「1筒待ちだったんですけど…嫌いになりました」と苦笑いした。


 最近では、女性芸能人による麻雀勉強会にも参加しており、スタジオに訪れたMリーガーでグラビア活動もするKONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)には「美しくて、麻雀も強くて、憧れです」と目を輝かせていた。


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】熱闘!Mリーグ#6

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000