1回戦なら3戦3勝!茅森早香、特殊能力は「初戦◎」/麻雀・大和証券Mリーグ

 11月16日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」の1回戦で、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)が個人4勝目を挙げた。11月に入って5戦3勝、1回戦に限れば3戦3勝と初戦にめっぽう強い“天才すぎるオンナ雀士”の快進撃が止まらない。

 対局者は起家からEX風林火山・滝沢和典(連盟)、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)。首位固めを狙うEX風林火山に、他チームがどれだけ食らいついていけるかが注目された。


 直近2回の出場日はいずれも連投し、それぞれ1回戦で勝利を収めている茅森は、この日の対局でも好調を維持。解説の赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)に「最近の茅森は牌の並びがいいですね。配牌から真ん中あたりの数字が多い。ツモもグイグイきている」と評されるほどの引きの強さを、しっかりと結果に結びつけた。

 滝沢に続く2着目で迎えた東3局1本場。茅森は高宮とのリーチ対決を制し、リーチ・タンヤオ・ピンフ・ドラ・裏の8000点(+300点、供託2000点)でトップ目に立った。続く東4局では、配牌から風牌の東が暗刻、ドラの発が対子という大チャンス手。「今日は本当に手が良かった」という茅森はこの手をメンゼンでまとめて5巡目に先制リーチをかけると、3面待ちの好形リーチで追いかけてきた朝倉から出アガリ。リーチ・東・ドラ2・裏3の跳満で1万2000点(+供託1000点)を加点し、一気に混戦から抜け出した。


 オーラスで親番の高宮に粘られるも、東場で築いたリードを最後まで守り切った茅森。試合後のインタビューでは、先日明かした「腕立て伏せでのツモ力の強化」について「今日は魚谷さんを上に乗せて負荷をかけました。効果? あるんじゃないかな。でも、雀荘では迷惑なのでやめましょう」と天才らしいシュールな発言で視聴者を楽しませていた。

 11月に出場した1回戦では3戦3勝と、まさに「初戦◎」と言っていい活躍を続ける茅森。個人成績も6位に浮上し、上位進出を伺うセガサミーフェニックスのポイントゲッターとして欠かせない存在になっている。このまま1回戦での好調が続いていけば、「初戦は茅森」という戦略がチームの定番になるかもしれない。


【1回戦結果】

1着 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)3万8700点/+58.7

2着 EX風林火山・滝沢和典(連盟)3万700点/+10.7

3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)1万6800点/▲23.2

4着 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)1万3800点/▲46.2


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsPirates

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000