怒涛の5連続ツモアガリ!「麻雀軍師」勝又健志が21選手最後の初勝利/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」11月16日の2回戦で、EX風林火山・勝又健志(連盟)が自身9戦目で待望の初勝利。これまで勝利こそなかったものの随所で好プレーを見せ、的確な解説でも人気を博している「麻雀軍師」が、親番での5連続ツモアガリという怒涛の大まくりを披露した。

 2回戦の対局者は起家からEX風林火山・勝又健志(連盟)、U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)。1回戦で3着だった高宮のみ連投となった。


 Mリーグに参戦している全21選手中、唯一トップのなかった勝又。しかし解説の赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)が「勝又の苦戦の理由は、単純に手が悪いからです。むしろ非常によく耐えているという印象。元々実力はピカイチですから」と語るように、明らかなミスによる敗北はまったくなく、手が入らない中でも粘りに粘ってラスを回避するファインプレーを幾度となく披露してきた。事実、ここまで8戦をこなして2着が3回、3着が5回といまだラスなし。この日の対戦相手である小林、そしてEX風林火山のチームメイトの二階堂亜樹(連盟)とともに「無敗記録」を継続している数少ない雀士のうちの1人だ。


 今回の対局も、勝又にとって苦しい立ち上がりとなった。最初の親番は小林の仕掛けに足止めされノーテンで流局となり、東2局では魚谷とのリーチ対決に敗れて2600点(+300点、供託1000点)を放銃。好配牌だった東3局も小林にスピード負けしてアガリならず。東4局では本人が「積極的すぎました」と振り返った小林への放銃で、さらに8000点を失ってしまう。東場の終了時点で、トップの小林とは約3万点差のラス目に沈んでいた。

 ラス回避、そして初勝利のためにはなんとしても連荘が欲しい2度目の親番。そんな南1局で、勝又は執念の麻雀を見せた。決して恵まれた配牌ではなかったものの、仕掛けを重ねて中のみのテンパイ。高宮、魚谷にもテンパイが入る状況で、命からがら終盤に1500点をツモアガリ。解説の村上も「500オールをアガるのにこんなに苦労するなんて……」と思わずため息を漏らしてしまうような1局だったが、この小さなアガリが大逆転への布石になった。

 南1局1本場では、七対子でリーチをかけて山に1枚しか残っていなかったアガリ牌の三万を見事にツモ。リーチ・ツモ・七対子の9600点(+300点)でラスから抜け出すと、続く2本場でもタンヤオ・赤のテンパイから残り1枚の4筒でツモアガリ。配牌も徐々に上向いていき、2着目となった3本場では高宮とのめくり合いを制して、リーチ・ツモ・ドラ・赤の1万2000点(+900点、供託1000点)で一気にトップ目に浮上した。


 他家としても「連荘を阻止しなければ」という場面だったが、勝又はまったく止まらない。南1局4本場では、6巡目のリーチから強烈な一発ツモ。リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・ドラ・裏の1万8000点(+1200点)で5連荘とし、この親番だけで5万点近くの点棒を加算してみせた。これまでの鬱憤を一気に晴らすような怒涛の5連続ツモアガリに、解説の村上はTEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)が時折見せる大連荘「クマクマタイム」を引き合いに出し、「カツカツタイムって言葉は変ですけど、完全にタイムが来てますよね」と感嘆していた。


 決して浮つくことなくしっかりと終局まで点棒をキープした勝又は、待ちに待ったMリーグでの初トップを獲得。試合後のインタビューではややホッとしたような表情を見せ、「滝沢さんと亜樹さんがポイントを伸ばしていてくれたので。今日も『ラスでもいいから、思い切って』と声をかけていただいて、楽な気持ちで対局に臨めました」とチームメイトに感謝の言葉を述べていた。この結果、全チーム中で唯一3選手全員がプラスポイントとなった首位のEX風林火山。“麻雀IQ220”と称される麻雀軍師の開眼によって、天下統一にまた一歩前進した。


【2回戦結果】

1着 EX風林火山・勝又健志(連盟)5万7900点/+77.9

2着 U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)1万4700点/▲5.3

3着 セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)1万4000点/▲26.0

4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)1万3400点/▲46.6


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

【11月16日終了時点での成績】

1位 EX風林火山 +257.2(30/80)

2位 渋谷ABEMAS +114.1(32/80)

3位 赤坂ドリブンズ +58.7(32/80)

4位 U-NEXT Pirates +51.5(34/80)

5位 セガサミーフェニックス ▲41.2(32/80)

6位 TEAM雷電 ▲197.1(30/80)

7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲243.2(32/80)


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsPirates

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000