これが覚醒ゼウスの“GODゲーム”鈴木たろう、怒涛の3連勝で完全復活/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」11月19日の1回戦では、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)が、前回登場時に連勝した勢いに乗って3連勝を飾り自身4勝目、チーム11勝目となるトップを取り、チーム総合ランキングを3位から2位へ押し上げた。

 対局者は起家から赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)。


 麻雀ファンから全知全能の神“ゼウス”と呼ばれている鈴木が、開幕以降1カ月間続いていた不調からの完全復活を証明した。


 東3局、役牌を仕掛ければ西・赤2のテンパイで3900点が見込める手牌を「西ポンテンで3900点じゃ不満。ノーテン罰符を3人からもらえれば3000点なんで変わらない」と真骨頂の“欲張りシフト”にギアチェンジ。思惑通りにリーチ・ツモ・三色同順・赤2で1万2000点を鮮やかに決めた。

 さらに東4局、構想通りに七対子・赤のテンパイにこぎつけた後「まだ東場。3200点で終わるより、リーチして打点を狙ったほうがいい」と待ち牌選択を河に1枚切れの2索から1枚切れの南にチェンジしてリーチ宣言。これをリーチ・一発・ツモ・七対子・赤で1万2000点と2連続で跳満に仕上げ「これはすごい!3000・6000おじさんだ!」と解説の渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)も“ゼウスの選択”に脱帽した。


 南4局では、親番・佐々木から先制リーチを受けるものの「ここでオリて高い手を引かれてしまうと、結局苦しくなってしまう」とドラ八万をまたぐ九万を押し切ってアガリをものにしての3連勝。視聴者も「最強ゼウス降臨」「神の選択」「まさにGODゲーム」と鈴木の完全復活を喜んだ。

 「いつも高い手をアガりたくて、その欲張りを抑えきれず、放銃してしまうところが僕の悪いところ」と言うが、平均打点部門でも総合2位につけ、一時は個人スコア▲215.5で20位にまで落ち込んでいたところからプラスマイナスゼロ付近にまで復帰。試合のなかった渋谷ABEMASを抜き、チーム総合ランキングを3位から2位へ押し上げる原動力となった。【福山純生(雀聖アワー)】


【1回戦結果】

1着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)4万4900点/+64.9

2着 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)2万700点/+0.7

3着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)1万9700点/▲20.3

4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)1万4700点/▲45.3


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ ドリブンズ・鈴木vs風林火山・二階堂vs麻雀格闘倶楽部・佐々木vsPirates・朝倉

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000