視聴者・実況・解説が「なんてことだ!」麻雀軍師・勝又健志の兵法、リーグ初三倍満2万4000点炸裂!/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」11月20日の2回戦で、EX風林火山・勝又健志(連盟)がMリーグ初の三倍満を決め、自身2勝目、チーム7勝目となるトップを取り、全7チーム中で唯一3選手全員がプラスポイントを維持し、首位をがっちりキープした。

 対局者は起家からU-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)、渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)、EX風林火山・勝又健志(連盟)と小林と勝又が連投となった。


 精度の高い的確な読み筋から“麻雀IQ220”と称される麻雀軍師・勝又は、この日の1回戦で自身初のラスに沈んでいた。しかしチームメイトから急遽2連投を任され、その信頼に応えようと火の如く闘志を燃やしていた。

 東1局、タンヤオ・三色で5200点をアガった後、スピーディーな展開の中で軍師はどっしり構え、機をうかがっていた。


 迎えた南3局、ついにその機が訪れた。親番・白鳥から5巡目にリーチを受けながらも、白鳥のアタリ牌だった6、9筒を吸収しながら手牌を進行させ、16巡目にテンパイ。ドラ6筒を暗カンした上でリーチを宣言。待ち牌をカンされた白鳥が天を仰ぐ中、リーチ・一発・ツモ・ハイテイ・ドラ7とMリーグ初となる三倍満を炸裂させ、2万4000点(+1000点)を加点。一気呵成に勝負を決めた。


 6筒の暗カンより先に、白鳥に通っていなかった2筒を切ったのは「安全そうだったのと、まだ待ち牌が絞りきれなかったので様子を見た」と振り返り「イーシャンテンで点数状況的にも親番の残っている自分の方が有利な状況だったので、全部押すわけではなく、先に無スジを引いたら、受けに回るかも知れなかった」とその戦略を明かした。

 

 役満より出現率の低い三倍満が成就した瞬間は、解説の赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)、実況の小林未沙、そして視聴者も異口同音に「なんてことだ!」と驚愕した。


 ちなみにこの試合では小林が初ラスを引いたため、ラスを引いていないのはEX風林火山のチームメイト、二階堂亜樹(連盟)1人だけとなった。


 総合ランキングでは、試合のなかったセガサミーフェニックスが4位、U-NEXT Piratesが5位と入れ替わり。その他チームに順位変動は無かったが、勝又の劇的な勝利でEX風林火山は首位を堅守した。【福山純生(雀聖アワー)】


【2回戦結果】

1着 EX風林火山・勝又健志(連盟)5万5600点/+75.6

2着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)1万7800点/▲2.2

3着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)1万3800点/▲26.2

4着 U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)1万2800点/▲47.2


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

【11月20日終了時点での成績】

1位 EX風林火山 +245.3(34/80)

2位 赤坂ドリブンズ +141.7(34/80)

3位 渋谷ABEMAS +93.2(34/80)

4位 セガサミーフェニックス ▲41.2(32/80)

5位 U-NEXT Pirates ▲73.3(38/80)

6位 TEAM雷電 ▲140.2(32/80)

7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲225.5(36/80)


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ 風林火山・勝又vsABEMAS・白鳥vs雷電・黒沢vsPirates・小林

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000