戦うほどに強くなる!佐々木寿人、先週末トップに続き連勝/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」12月10日の1回戦で、KONAMI麻雀格闘倶楽部のエース・佐々木寿人(連盟)が前回登板からの連勝で自身7勝目、チーム11勝目となるトップをもぎ取った。

 対局者は起家からTEAM雷電・黒沢咲(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)、U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)。


 先週末のトップで「風が変わった」と感じていた佐々木は東4局、石橋の先制リーチに追っかけリーチを敢行。親の黒沢も攻めてくる中、リーチ・ツモ・平和・赤・ドラ2で1万2000点(+供託1000点)をアガって波に乗った。南3局では4巡目にカンチャン七万待ちでテンパイすると迷わずリーチを即決。松本と石橋から追っかけリーチが入る中、リーチ・ツモ・発で5200点(+2000点)を加点し、これが決まり手となった。

 佐々木は登場するだけで「今日はペースが早いぞ」「寿人がいるから流局が少ない」といった視聴者コメントが見られる程、ツモ動作、打牌選択、裏ドラの開示、点数申告といったあらゆる所作動作がスピーディーな選手。普段の生活においても、あらゆることを麻雀に結びつけようとしているので、ファミレスに行ってもメニューを見た瞬間にオーダーを決める。「せっかちだと思われるかもしれないが、何を食べようかと迷っている時間がもったいない」というほど日常から即断即決を心がけている。


 勝利者インタビューで南3局の愚形リーチの意図を聞かれると「カン七万で待ちは良くないですけれど、山に4枚いるかもしれないし、点パネ(符が上がること)もする」と超ポジティブシンキングを披露しながらも「手変わりが多すぎて本当バカだなと思いました」と自嘲した。

 この後の2回戦でも登場したエース佐々木は、対局数が全21選手中、唯一20回台の24回に到達。このペースなら、上限であるチームの全80回戦中40回近くまで到達する。戦うほどに強くなる佐々木を軸に、ついにKONAMI麻雀格闘倶楽部が浮上のペースを上げてきた。【福山純生(雀聖アワー)】


【1回戦結果】

1着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)4万1600点/+61.6

2着 TEAM雷電・黒沢咲(連盟)3万2100点/+12.1

3着 U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)1万6200点/▲23.8

4着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)1万100点/▲49.9


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電vsPirates

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000