“大魔王”襲来! 佐々木寿人、周囲を震撼させる個人3連勝/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」12月10日の2回戦で、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)が逆転トップで3連勝を飾り、自身8勝目、チーム12勝目を挙げた。

 対局者は起家から渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)で佐々木のみが連戦となった。


 佐々木は東2局3本場、リーチ・赤・ドラ2で8000点(+900点)をアガるものの全員2万点台で南場へ。南1局、9巡目に3面待ちリーチを放った佐々木は、リーチ・ツモ・平和・ドラで5200点を加点しトップ目に立った。


 南2局で多井に逆転されるが、南3局ではドラポンの多井に対してリーチで真っ向勝負。結果、朝倉がアガリをものにしたが、攻めの姿勢を崩さない佐々木に「KONAMIの攻撃力、おもしろい」「ファイトしてるぜ」「3連勝あるぞ」と視聴者コメントが飛び交った。


 南4局、2着目だった佐々木は、アガれば再逆転トップとなる僅差の攻防で2巡目に中をポン。配牌が厳しかったがゆえ「手牌を狭めるのではなく、目一杯に広げた」とまっすぐに打ち抜いた。トップ目・多井も仕掛けで応戦、瀬戸熊からも一撃逆転のリーチが入る中、ハイテイ1巡前にアガリをものにし見事3連勝、リーグ単独トップとなる個人8勝目を収めた。

 「オリるのは性に合わない」と自認する佐々木は、RTDリーグの予選においても、これでもかと大量ポイントを積み上げての圧勝など、勝ち始めると手がつけられない超攻撃型の選手。その爆発力は他の6チームからしても恐れられている存在で、解説のEX風林火山・滝沢和典(連盟)も「この一戦でKONAMI麻雀格闘倶楽部が絡んでくるのか注目したい」とKONAMI麻雀格闘倶楽部が勝てば、7チーム間のポイント差が一気に縮まるだけに、2連勝で波に乗る佐々木の爆発力を見どころポイントのひとつとして挙げていた。


 これで6位・U-NEXT Piratesと離れていた202.6ポイント差を44.8ポイント差まで詰め寄り、個人スコアでも10月2日以来69日ぶり、24戦目にして+32.7ポイントとプラス域に浮上。「とりあえずゼロに戻った感じはありますね。序盤にラスを食い過ぎたんで、後はアガるだけ」とチームの旗印である“超攻撃麻雀”がついに噛み合ってきた。【福山純生(雀聖アワー)】


【2回戦結果】

1着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)3万2400点/+52.4

2着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)3万900点/+10.9

3着 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)2万点/▲20.0

4着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)1万6700点/▲43.3


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

【12月10日終了時点での成績】

1位 EX風林火山 +293.1(46/80)

2位 赤坂ドリブンズ +133.3(48/80)

3位 TEAM雷電 +51.7(48/80)

4位 セガサミーフェニックス ▲57.2(42/80)

5位 渋谷ABEMAS ▲95.3(46/80)

6位 U-NEXT Pirates ▲140.4(48/80)

7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲185.2(50/80)


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電vsPirates

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000