半袖魅惑のマーメイド 魚谷侑未が強敵3選手破り復活トップ/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」12月13日の1回戦で、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)が自身3勝目、チームとしての通算12勝目を挙げた。

 対局者は起家からTEAM雷電・黒沢咲(連盟)、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)、EX風林火山・勝又健志(連盟)、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)。上位を走るチームの中でも好調な3選手の牙城を、3連闘で復調気配の魚谷が崩せるか、注目の一戦となった。


 個人成績で大きく沈んでいた魚谷は11日に志願のフル出場も、3着・2着と勝ち切れず悔しい結果に終わっていた。しかし監督の「調子自体は上がっているんじゃないか」という判断で、この日の1回戦にも登場。魚谷自身も「(セガサミーは)夢を与える企業なので、つらいときにこそ戦うべき」と気合を入れ直し、心機一転ヘアスタイルを変更。さらにいつもの長袖ではなく半袖のユニフォームを着用して卓についた。

 最初の親番の東2局1本場で、魚谷はさっそく気迫の込もった麻雀を披露した。遠くに見えるソウズのホンイツを目指して発と7索を鳴くと、この仕掛けが大正解。他家の手が伸び悩む中、赤5索を引き入れて満貫確定のテンパイを果たすと、会心のツモで発・ホンイツ・赤の1万2000点(+300点、供託1000点)をゲット。解説を務めた渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)も「素晴らしいですね。大きく狙った結果がこの4000オールにつながりました」と魚谷の構想力を称賛していた。


 慣れない半袖ユニフォームの反動か、南場以降はしきりに寒がる素振りを見せていたものの、自身の麻雀の熱気で寒気を吹き飛ばした。2着目の勝又の親番となった南3局、自風の北を鳴いて全力で親を落としにかかった。しかし勝又の猛烈な押し返しで、魚谷のアガリ牌である8筒を使い切られての2・5索待ちリーチ。万事休すかと思われたが、ここから粘りを発揮。勝又への放銃を慎重に回避しながら、待ちを何度も変えてはテンパイを維持。最終的に勝又のアガリ牌である赤5索での単騎待ちを選択し、同じ牌のめくり合いに持ち込んで執念のツモ。解説の松本も我を忘れて「うおー! カッチョいい!」と絶叫するほどの熱い対局に、視聴者からも「今のは痺れたわ」「さすが三冠王」と絶賛の声が相次いでいた。

 オーラスでは“最速マーメイド”の異名通り、好配牌からわずか7巡でツモ・タンヤオ・平和・イーペーコー・赤の8000点をアガってトップを確定させた魚谷。試合後には安堵の表情で「やっとチームのためにプラスにできました。これからもチームのために頑張ります」とコメントし、責任感の強さを伺わせた。半袖のマーメイドの熱い闘牌で、セガサミーフェニックスはクライマックス圏内の4位に再浮上。チーム名通り、不死鳥のように何度も復活を果たして上位陣を猛追している。


【1回戦結果】

1着 セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)5万3000点/+73.0

2着 EX風林火山・勝又健志(連盟)2万2700点/+2.7

3着 TEAM雷電・黒沢咲(連盟)1万2300点/▲27.7

4着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)1万2000点/▲48.0


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ ドリブンズ・鈴木vs風林火山・勝又vsフェニックス・魚谷vs雷電・黒沢

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000