ついに覚醒!萩原聖人が12月絶好調 大熱戦を制して個人3勝目「すっごい楽しかった!」と充実の笑顔/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」12月14日の2回戦で、TEAM雷電・萩原聖人(連盟)がオーラスまでもつれる熱戦を制して自身3勝目。個人成績でも最下位を脱出し、Mリーグきってのスター選手にいよいよ覚醒の時が訪れた。

 対局者は起家からセガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)、EX風林火山・勝又健志(連盟)、TEAM雷電・萩原聖人(連盟)、渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)。1回戦でトップの白鳥とラスの茅森が連闘となった。


 この日の対局前まで、個人成績で最下位に低迷していたプロ1年目の萩原。しかし初勝利に半月、2勝目までに50日かかるという大苦戦の中でも、たとえこのまま最下位でシーズンを終えたとしても悔いはないというほど、腹を括っていた。


 魅せる麻雀が信条の萩原だが、「TEAM雷電のために」という思いは誰よりも強い。親番の東3局。「僕は手役が好きだし、三色は大好きですけど、チームとのバランスを考えました」と決して無理な手作りはせず、丁寧な進行から親のリーチで他家に圧力をかけた。東4局では手役派のイメージを覆し、仕掛けを重ねて軽いテンパイを形成。両局ともアガリには至らなかったものの、解説の赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)をして「カッコいいところを捨てて、リアリストになりました。非常に進化しています」と言わしめた。


 それでいて、持ち前の手作りの上手さも失っていないのが今の萩原だ。堅守の風林火山・勝又からダマテンで出アガリを引き出した直後、僅差の2着目で迎えた南2局は8種8牌の苦しい配牌。ここからメンゼンで辛抱強く手を育て上げ、先にリーチをかけた白鳥を押し返して12巡目に追っかけリーチ。すると直後に白鳥が萩原のアガリ牌の5筒をつかみ、リーチ・一発・平和・ドラ2の8000点(供託1000点)でトップ目に立った。解説の村上は「技ありですね。筒子の1・2・4を残して、3筒の連続ツモでテンパイはなかなかできない。萩原オリジナルのアガリ」と称賛し、視聴者からも「これは見事」「あの配牌からよくアガった」といったコメントが無数に寄せられた。

 オーラスにも見せ場が待っていた。トップ目の萩原は仕掛けを重ねてなりふり構わずテンパイを取るが、白鳥と茅森のリーチで押し返されて手を崩した結果、大ピンチに陥ってしまう。海底牌をツモった時点で、手牌の8枚中安牌はゼロ。実際に3枚が当たり牌という厳しい状況に、思わず苦笑いを浮かべた萩原。試合後に「もうラスまであるわ、と。1牌押せばいいのに……。後で瀬戸熊さんに説教されます」と弱気になった自身のミスだったと振り返りながらも、約2分の長考の末に端牌の9筒を打って放銃を回避。なんとか土壇場をしのいでトップの座を死守した。


 勝利者インタビューでは激闘の疲労を隠さなかった萩原。しかし「こんな疲れを味わうために僕はMリーグに来たんだな、と思いました。すっごい楽しかった!」と充実した表情で対局の余韻に浸っていた。12月の月間成績は、4戦2勝2着1回で堂々の2位。まさに覚醒と言える大活躍だが、「進化すべく研究はしているんですけど、まだ進化には至っていないと思います」と今後のさらなる飛躍を誓った。


 インタビューの締めに「雷電の麻雀は面白いんです!」と萩原がおなじみのフレーズを披露すると、視聴者は大興奮。「きたー!」「RMO!RMO!」「これを待ってた!」「ハギーありがとう」「本当に面白かった」といった声が殺到し、あらためてそのスター性の大きさを満天下に示していた。


【2回戦結果】

1着 TEAM雷電・萩原聖人(連盟)3万1500点/+51.5

2着 EX風林火山・勝又健志(連盟)2万6200点/+6.2

3着 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)2万3200点/▲16.8

4着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)1万9100点/▲40.9


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

【12月14日終了時点での成績】

1位 EX風林火山 +268.5(50/80)

2位 赤坂ドリブンズ +147.2(50/80)

3位 TEAM雷電 +90.4(52/80)

4位 U-NEXT Pirates ▲50.7(50/80)

5位 渋谷ABEMAS ▲75.7(50/80)

6位 セガサミーフェニックス▲104.6(48/80)

7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲275.1(52/80)


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ 風林火山・滝沢vsABEMAS・白鳥vsフェニックス・魚谷vs雷電・瀬戸熊

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000