「朝まで連荘するつもりだった」鈴木たろうのGODゲーム“超高確モード”で圧勝/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」12月18日の1回戦で、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)が個人7勝目、チームにとってはリーグ最多となる17勝目を挙げた。

 対局者は起家からEX風林火山・二階堂亜樹(連盟)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)。


 東1局、“ゼウス”こと鈴木にいきなりドラ六万暗刻と赤五万のある神配牌が入った。「ご褒美がきた!」と、この配牌を6巡でテンパイにこぎつけ先制リーチ。リーチ・ツモ・赤・ドラ5に仕上げ、倍満1万6000点のロケットスタートを決めた。


 解説のU-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)も「たろうさんが点数を持つとなんでも出来ちゃいますよ」と言う中、東2局1本場では、4巡目に中をポン。仕掛けた時点では中・赤で2000点の局進行かに見えた手牌を、中・赤・ドラ2にまで育て上げて8000点を加点した。

 さらに南2局で8000点、南3局の親番では1万2000点(+供託1000点)、3900点(+300点)と3連続でアガリをものにし6万点超え。それでも「朝まで連荘するつもりだった」と攻撃の手を緩めない鈴木に「GODゲーム確変中」「ゼウス怒涛の攻め」「のびのびたろう、どこまでいくねん!」と視聴者も驚嘆。平均打点個人1位の実力を遺憾なく発揮するぶっちぎりの勝利で、チームに+81.0ポイントをもたらした。

 東2局で見せた手順と構想力に関しては「Mリーグは全体的にリスク回避する選手が多い」とし「先に仕掛けるだけでもプレッシャーになる」と“ゼウスの選択”には常に貪欲にアガリを目指す「がむしゃらさ」があることを明かした。


 この大トップで赤坂ドリブンズはプラスポイントを100台に乗せ、首位・EX風林火山を追撃すべく力強く前進した。【福山純生(雀聖アワー)】


【1回戦結果】

1着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)6万1000点/+81.0

2着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)3万1900点/+11.9

3着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)1万800点/▲29.2

4着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)-3700点/▲63.7


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsABEMASvs雷電

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000