プロ歴5カ月 山本ひかるが好発進!/麻雀・シンデレラリーグ 第1節Cブロック2卓

 女流プロ24人が頂点を争う麻雀ウォッチ・シンデレラリーグの第1節Cブロック2卓が12月18日に行われ、プロ歴5カ月の女優兼プロ雀士・山本ひかるが+101.7で卓内トップを取り、ブロック首位に躍り出た。

 ルーキー山本は、1回戦から3回戦まで2着に粘りプラスポイントを積み重ねると、最終4回戦で爆発。5万点超のトップを取り、トータルでも100ポイントを超すプラスを記録した。対局後には「もらった手をうまく活かせない部分もたくさんあったと思います。次節以降も気を抜かずに頑張ります」とルーキーらしく、今後も勉強を重ねる思いを語っていた。


【試合結果】

1位 山本ひかる(RMU)+101.7

2位 丸山奏子(最高位戦)+39.3

3位 月城和香菜(協会)▲69.5

4位 中月裕子(協会)▲71.5


【第1節Cブロック2卓終了時点での成績】カッコは対局数/予選対局数

1位 山本ひかる(RMU)+101.7(4/12)

2位 与那城葵(最高位戦)+70.5(4/12)

3位 丸山奏子(最高位戦)+39.3(4/12)

4位 川又静香(協会)+15.6(4/12)

5位 日當ひな(協会)▲24.5(4/12)

6位 田渕百恵(最高位戦)▲61.6(4/12)

7位 月城和香菜(協会)▲69.5(4/12)

8位 中月裕子(協会)▲71.5(4/12)


※協会=日本プロ麻雀協会、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会


 ◆麻雀ウォッチ・シンデレラリーグ 最高位戦日本プロ麻雀協会、日本プロ麻雀協会、麻将連合、RMUの4団体から総勢24人の女流プロが集結し頂点を争う。24人を3ブロックに分けての予選(1人12半荘)、予選3~5位によるプレーオフ、予選1、2位+プレーオフ勝ち上がり者による準決勝、準決勝勝ち上がり者による決勝と進行していく。プレーオフ以降、予選のポイントはリセットされる。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第1節Cブロック2卓

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000