12月20日の出場選手 萩原聖人、今年最終日で白星なるか/麻雀・大和証券Mリーグ

 Mリーグ機構は、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」12月20日の1回戦に出場する4選手を発表した。長らく個人最下位に苦しんだが、12月に入り復活を遂げたTEAM雷電・萩原聖人(連盟)が、2018年のチーム出場最終日となる1回戦から登場する。18日には瀬戸熊直樹(連盟)がつらい2戦連続の箱下ラスを食らっただけに、自分が苦しい時期を支えてくれたチームメイトの分を挽回できるか。KONAMI麻雀格闘倶楽部からは“ゴジラ”こと前原雄大(連盟)が出場。前回、まさにゴジラ並みの強烈なトップを取っただけに、大爆発の可能性は十分にある。セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)は、11月に得意としていた1回戦から今回も登場。再び“19時の天才”ぶりを発揮できるか。U-NEXT Piratesの“船長”小林剛(麻将連合)は、赤入りのMリーグルールという荒波にもまれるシーンもあるが、確実な麻雀を続けており、冷静な判断は揺るがなそうだ。

【12月20日1回戦】※通算93回戦

KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)※個人12位 ▲14.0

セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)※個人14位 ▲71.2

TEAM雷電・萩原聖人(連盟)※個人20位 ▲174.0

U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)※個人13位 ▲25.5


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


【12月18日終了時点での成績】

1位 EX風林火山 +209.8(52/80)

2位 赤坂ドリブンズ +191.6(54/80)

3位 渋谷ABEMAS ▲0.9(54/80)

4位 TEAM雷電 ▲54.7(54/80)

5位 U-NEXT Pirates ▲58.9(52/80)

6位 セガサミーフェニックス▲104.6(48/80)

7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲182.3(54/80)


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶12/20(木)19:00~ 大和証券 Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電vsPirates

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000