4チームが決勝進出 残り4戦で24時間バトルの覇者が決定 現在放送中/新春オールスター麻雀大会2019

 著名人、麻雀プロ総勢24人が参加して戦う24時間の麻雀バトル「新春オールスター麻雀大会2019」が1月3日、予選15戦を終えて、決勝に進出する4チームが決定した。決勝のルールは予選1位通過した徳井健太・水崎綾女・滝沢和典(EX風林火山)が選択し、1戦目が割れ目、2戦目が赤ドラ6、3戦目が赤ドラ6、4戦目が割れ目となった。

 1月2日の午後7時からスタートした大会は、各チーム、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の選手1人を含む、3人1組のチームを結成し、異なるルールで計15戦を戦った後、上位チーム4チームが決勝に進出。決勝は4戦し、優勝チームを決定する(ルールは15戦終了時首位のチームが選択)。助っ人となるMリーガーは抽選で決定した。


◆予選結果

1位 徳井健太・水崎綾女・滝沢和典(EX風林火山) +343.2

2位 じゃい・百合沙・佐々木寿人(KONAMI麻雀格闘倶楽部) +299.8

3位 大村朋宏・たしろさやか・瀬戸熊直樹(TEAM雷電) +213.3

4位 椿彩奈・山本圭壱・多井隆晴(渋谷ABMEAS) ▲60.4

5位 岡田紗佳・滝口幸広・小林剛(U-NEXT Pirates) ▲73.9

6位 本郷奏多・小田あさ美・魚谷侑未(セガサミーフェニックス) ▲159.2

7位 藤田晋・松本圭世・鈴木たろう(赤坂ドリブンズ) ▲261.6

8位 萩原聖人・波岡一喜・高宮まり(KONAMI麻雀格闘倶楽部) ▲301.2


(C)AbemaTV


▶【現在放送中】新春オールスター麻雀大会2019

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000