「Mリーマン」園田賢が“休日出勤” 個人トップの貫禄見せるか/麻雀・大和証券Mリーグ

 Mリーグ機構は、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」1月14日の1回戦に出場する4選手を発表した。今日で7チーム全てが、リーグ全体の3/4を消化する中で、個人では唯一の+300台をマークする赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)が、サラリーマンとの二束のわらじを履く中で、“休日出勤”して試合に臨む。

 この“Mリーマン”を倒そうと狙う3人は、いずれも現在、所属するチームがリーグ5位以下と、ファイナルシリーズ圏外にいる。5位のKONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)は、一時期大きく離された最下位から一気に浮上し、一時は3位まで順位を上げた。3位位以下がマイナスポイントという混戦模様の中で、62歳の大ベテランがここぞとばかりに破壊力を見せるか。同6位のU-NEXT Piratesからは石橋伸洋(最高位戦)が登場。チームに勢いをつける勝利をもたらすか。リーグ7位のセガサミーフェニックスからは魚谷侑未(連盟)が出場。チーム3人が全てマイナスポイントと苦境の中、残り12戦で巻き返す快勝がほしいところだ。


【1月14日1回戦】※通算105回戦


赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)※個人1位 +321.3

KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)※個人11位 +26.5

セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)※個人20位 ▲176.0

U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)※個人16位 ▲112.4


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


【1月11日終了時点での成績】


1位 EX風林火山 +408.7(60/80)

2位 赤坂ドリブンズ +271.1(60/80)

3位 TEAM雷電 ▲44.1(60/80)

4位 渋谷ABEMAS ▲71.8(60/80)

5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲105.9(60/80)

6位 U-NEXT Pirates ▲172.9(58/80)

7位 セガサミーフェニックス▲285.1(58/80)


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月で2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶1/14(月)19:00~ 大和証券Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsPirates

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000