復活のマーメイド・魚谷侑未、チームに光照らす復活の勝利/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」1月14日の2回戦で、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)が自身4勝目、チーム13勝目を挙げた。

 対局者は起家からセガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)、U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)で小林以外の3選手が連闘となった。


 この日の1回戦で3着だった魚谷は、東3局4本場、リーチ・一発・平和・赤で8000点(+1200点、供託1000点)をアガってトップ目に立ったが「気負わずに行こう」と落ち着いて南場へ。


 南3局では園田に逆転を許すも、その差600点でという状況下で迎えた南4局。マンズの一気通貫が見える好配牌を「九万は鳴こうと決めていた。ピンズの場況がよかった」と己を信じた仕掛けで4筒単騎待ちのテンパイを取り、見事アガリ切っての再逆転トップ。チームとしても個人としても昨年12月13日以来、1カ月ぶりとなる価値ある勝利となった。

 Mリーグ開幕前「女性だから弱い、女性だから勝てないと思われている方にも、麻雀に男女の差は無く、個人の差であることをきちんと証明出来るよう結果でお応えしたい」と決意を語っていた魚谷。


 Mリーガー全21選手の中でも麻雀に対する思いや、自らの打牌についてのこだわりは人一倍強く、その分、思うような結果が出ないことに膝を抱え「麻雀難しい、でも楽しい、でも悔しい。もっともっと強くなりたいし、なれると信じて前向いて頑張る!!」と自身のTwitterで明かした夜もあった。


 チームはまだ最下位だが、きっかけさえ掴めば、昨年獲得した第16回日本オープン、女流プロ日本シリーズ2018、第44期王位と三冠王に輝いた実力が、Mリーグの舞台でもいかんなく発揮されるに違いない。【福山純生(雀聖アワー)】


【2回戦結果】

1着 セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)3万7100点/+57.1

2着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)3万2700点/+12.7

3着 U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)2万4600点/▲15.4

4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)5600点/▲54.4


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

【1月14日終了時点での成績】

1位 EX風林火山 +408.7(60/80)

2位 赤坂ドリブンズ +233.8(62/80)

3位 TEAM雷電 ▲44.1(60/80)

4位 渋谷ABEMAS ▲71.8(60/80)

5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲93.0(62/80)

6位 U-NEXT Pirates ▲183.2(60/80)

7位 セガサミーフェニックス▲250.4(60/80)


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsPirates

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000