夏目智依が4戦3勝の快進撃/麻雀・シンデレラリーグ 第2節Bブロック1卓

 女流プロ24人が頂点を争う麻雀ウォッチ・シンデレラリーグの第2節Bブロック1卓が1月15日に行われ、夏目智依(RMU)が半荘4戦のうち3回トップを取る快勝で、マイナスポイントを一気に返済することに成功した。

 第1節ではいいところなく敗れた夏目だったが、第2節は1回戦、2回戦と連続トップでマイナスポイントを返済。3回戦では3着となったものの、最終4回戦ではまたもやトップを取り、トータルポイントを+60.4まで伸ばし、ブロック3位とプレーオフ圏内にまで食い込んだ。「最終節に望みが繋がる結果が出てうれしいです。今日勝てた麻雀を忘れずに次回も頑張りたいです」と、上位2人に入っての準決勝進出を目指していた。


【試合結果】


1位 夏目智依(RMU)+109.0

2位 中山百合子(協会)+67.1

3位 木村明佳吏(最高位戦)▲15.6

4位 松田麻矢(最高位戦)▲160.5


【第2節Bブロック1卓終了時点での成績】カッコは対局数/予選対局数


1位 塚田美紀(最高位戦)+136.2(4/12)

2位 水谷葵(協会)+61.2(4/12)

3位 夏目智依(RMU)+60.4(8/12)

4位 中山百合子(協会)+43.3(8/12)

5位 都美(協会)+5.6(4/12)

6位 樋口栄佳(最高位戦)▲63.8 (4/12)

7位 木村明佳吏(最高位戦)▲104.7(8/12)

8位 松田麻矢(最高位戦)▲138.2(8/12)


※協会=日本プロ麻雀協会、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会


 ◆麻雀ウォッチ・シンデレラリーグ 最高位戦日本プロ麻雀協会、日本プロ麻雀協会、麻将連合、RMUの4団体から総勢24人の女流プロが集結し頂点を争う。24人を3ブロックに分けての予選(1人12半荘)、予選3~5位によるプレーオフ、予選1、2位+プレーオフ勝ち上がり者による準決勝、準決勝勝ち上がり者による決勝と進行していく。プレーオフ以降、予選のポイントはリセットされる。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第2節Bブロック1卓

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000