萩原聖人、前夜の雪辱なるか FS進出にサバイバル戦が激化/麻雀・大和証券Mリーグ

 Mリーグ機構は、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」1月18日の1回戦に出場する4選手を発表した。この日は首位EX風林火山、2位の赤坂ドリブンズはともに試合なし。ファイナルシリーズ進出となる上位4チーム入りを目指すサバイバル戦が繰り広げられる。

 昨日の試合で2着、トップとし、ついにプラス域に入ったTEAM雷電からは看板選手・萩原聖人(連盟)が出場。昨夜はオーラスでトップから2着に滑り落ちただけに、悔しさをバネに勝利をもぎ取れるか。同じく昨夜に続いて登場するのが渋谷ABEMAS白鳥翔(連盟)。1回戦はチームメイトの松本吉弘(協会)がトップを取るも、自身は箱下のラスを食い、個人成績も最下位に転落しただけに、ここは踏ん張りどころだ。


 KONAMI麻雀格闘倶楽部からは、好調の佐々木寿人(連盟)が登場。持ち前の破壊力とスピードを兼ね備えた麻雀が発揮されれば、またもや快速・快勝を成し遂げられる。セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)は、先週見せた天才的な打牌、積極的な加カンなど、ファンを楽しませる麻雀を貫けるか。


【1月18日1回戦】※通算111回戦


KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)※個人6位 +68.6

渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)※個人21位 ▲235.9

セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)※個人13位 ▲60.7

TEAM雷電・萩原聖人(連盟)※個人14位 ▲73.1


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


【1月17日終了時点での成績】


1位 EX風林火山 +354.0(64/80)

2位 赤坂ドリブンズ +249.5(64/80)

3位 TEAM雷電 +44.8(62/80)

4位 渋谷ABEMAS ▲85.5(62/80)

5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲116.6(64/80)

6位 U-NEXT Pirates ▲164.7(62/80)

7位 セガサミーフェニックス▲281.5(62/80)


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月で2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶1/18(金)19:00~ 大和証券 Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックスvs雷電

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000