静かなる天才・茅森の倍満が炸裂! 内に秘めた闘志でファイナル進出を誓う/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」1月18日の2回戦で、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)が11月22日以来の自身6勝目、チーム14勝目を挙げた。淡々としたキャラクターとは裏腹の強烈なアガリを披露して、チームのファイナルシリーズ進出に望みをつないだ。

 対局者は起家からTEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)。佐々木と茅森が1回戦からの連闘となった。


 随所に“天才”の名にふさわしい好プレーを見せながらも、2カ月近く勝利から見放されていた茅森。最下位のセガサミーフェニックスをファイナルシリーズに導くためには是が非でもトップがほしい状況で、茅森は静かに闘志を燃やしていた。


 東1局、東2局の連続流局で重たい空気が流れていた2回戦だったが、東2局1本場にいきなり山場が訪れた。松本、瀬戸熊に好配牌が入る中、赤ドラを2枚抱えた茅森は淡々と七対子を目指していく。瀬戸熊が8巡目に先制リーチをかけると、親番の松本も10巡目に追っかけリーチ。そして茅森も完璧な打牌選択で七対子を育て上げ、11巡目にドラの東待ちで跳満確定のリーチをかけた。

 山に残ったアガリ牌がそれぞれ2枚ずつというまったく互角の3軒リーチに、中継の解説を務めたEX風林火山・勝又健志(連盟)も「いきなり勝負どころがやってきました」と興奮気味。すると終局間近の16巡目、ツモった瞬間に半ば放銃を確信した松本から東が打たれて茅森がロン。リーチ・七対子・ドラ4・赤2の1万6000点(+600点、供託3000点)という強烈すぎる倍満に、視聴者からは「あの配牌からダブりなしチートイは強い」「えぐい」「さすが天才」といったコメントが寄せられた。


 一気に4万点台のトップ目に立った茅森は、その後も要所で気の利いたアガリを披露した。親番の東4局2本場では、ダブ東の対子を鳴いてわずか5巡でダブ東・ドラの5800点(+600点、供託1000点)を瀬戸熊から直撃。南3局でも中のみ1300点のアガリで2着目の佐々木の親番を流し、先行逃げ切りが非常に難しいMリーグの舞台でしっかりとリードを守り抜いた。


 試合後のインタビューで「残り半荘が少なくなっているので、今は結構強気に攻めています」と、これまで以上に勝利にこだわっていると語った茅森。残り16試合で4位のKONAMI麻雀格闘倶楽部とは213.1ポイントの差が開いているが、「200ポイントくらいならなんとかなると思います。必ずファイナル残れるように頑張ります」と茅森らしく淡々と、かつ大胆に逆転でのファイナルシリーズ出場を誓っていた。


【2回戦結果】


1着 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)3万5300点/+55.3

2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)3万500点/+10.5

3着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)1万7900点/▲22.1

4着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)1万6300点/▲43.7


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

【1月18日終了時点での成績】


1位 EX風林火山 +354.0(64/80)

2位 赤坂ドリブンズ +249.5(64/80)

3位 TEAM雷電 +16.4(64/80)

4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲34.0(66/80)

5位 U-NEXT Pirates ▲164.7(62/80)

6位 渋谷ABEMAS ▲174.1(64/80)

7位 セガサミーフェニックス▲247.1(64/80)


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックスvs雷電

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000