上位3チームが直接対決 順位争いがさらに激化/麻雀・大和証券Mリーグ

 Mリーグ機構は、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」1月21日の1回戦に出場する4選手を発表した。昨年10月から始まったリーグ戦も、残り試合は全体の20%。順位を見ながらの戦いになる中で、プラスポイントを持つ上位3チームの直接対決が行われる。

 首位を走るEX風林火山からは二階堂亜樹(連盟)が登場。チームで4着回避率のトップ3を独占しているが、先日の対局で二階堂は久々に手痛いラスを引いた。トップ、ラスで100ポイント差がひっくり返るだけに、2位赤坂ドリブンズ相手に、少なくとも着順で上回りたいところだ。逆にトップラスを決めたいのが、その赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)。先週は体調不良から、チームメイトの園田賢(最高位戦)が孤軍奮闘しただけに、今週は自分の力でどこまでチームを押し上げられるか。「雷電の麻雀はおもしろい」を合言葉に調子を上げてきたTEAM雷電からは、黒沢咲(連盟)が登場。華々しい麻雀で個人3位につけるだけに、首位攻防戦の中にどう割って入るか。この3チームの争いに加わるのが現在5位のU-NEXT Pirates。リーダー・小林剛(麻将連合)が、上位を苦しめながらトップを取れば、久々のファイナルシリーズ圏内(上位4位)への視野が開けてくる。


【1月21日1回戦】※通算113回戦


赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)※個人16位 ▲87.1

EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)※個人12位 ▲36.5

TEAM雷電・黒沢咲(連盟)※個人3位 +160.9

U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)※個人18位 ▲128.1


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


【1月18日終了時点での成績】


1位 EX風林火山 +354.0(64/80)

2位 赤坂ドリブンズ +249.5(64/80)

3位 TEAM雷電 +16.4(64/80)

4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲34.0(66/80)

5位 U-NEXT Pirates ▲164.7(62/80)

6位 渋谷ABEMAS ▲174.1(64/80)

7位 セガサミーフェニックス▲247.1(64/80)


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月で2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶1/21(月)19:00~ 大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs雷電vsPirates

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000