SKE48須田亜香里、覚えた麻雀役は「一気通貫」「嶺上開花」入門書への書き込み披露で赤面「恥ずかしい!」

 麻雀初心者のSKE48須田亜香里が、麻雀ニュース番組「熱闘!Mリーグ」のアシスタントを務めるために入門書で勉強をスタートし、覚えた役について「一気通貫と嶺上開花!(リンシャンカイホウ)」と報告した。番組中には、入門書に受験勉強ばりにメモが書かれている様子も明かされ、「頑張ってる感が出て恥ずかしい!」と赤面していた。

 須田は1月13日放送回から番組の新アシスタントとして、MCの爆笑問題・田中裕二ら麻雀好き芸能人らとトーク。全くの未経験者ながら、なんとか会話についていこうと、入門書を購入し、ルールや役を覚え始めたという。麻雀番組に初出演した後のファンの反応としては「もともと麻雀が好きだったけど黙っていたというファンの方が、うれしそうに握手会でお話をされたり、一緒に覚えたいといってくださったりする方もいて。すごく会話が増えました」と目尻を下げた。


 田中が、須田の入門書を広げると、自ら書き込んだと思われるメモが見られ「やだやだ、恥ずかしい!頑張ってる感が出て恥ずかしい!」と慌てていた。覚えた役について一気通貫、嶺上開花と答えた後、共演者から「タンヤオは?」と聞かれると、「聞いたことがあります」と、やや反応が薄めに。出現頻度が非常に高いタンヤオではなく、低い役から覚えていたことに、共演者たちからは笑いも起きていた。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】熱闘!Mリーグ:パイレーツ小林剛にセクシードッキリ 須田亜香里は少し麻雀覚えた?

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000