近藤誠一が“夢芝居”1日2公演 連勝でファイナルシリーズ争いは超大混戦/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」1月24日の2回戦で、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)が同日2連勝を達成して個人6勝目。セガサミーフェニックスはチーム3連勝となり、4位までが進出できるファイナルシリーズ争いは最終盤にして超大混戦にもつれ込んだ。

 対局者は起家からセガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)。1回戦でトップの近藤、2着の前原が連闘となった。


 1回戦からの連勝を狙う近藤は序盤からエンジン全開。東1局の親番では苦しい配牌ながらも、おなじみのサウスポーからことごとく有効牌を引き入れ、12巡目に三・六万待ちの先制リーチ。全員にテンパイが入る沸騰した状況で終盤に六万をツモり、リーチ・ツモ・白・赤の1万2000点(+供託1000点)で幸先のいいスタートを切った。


 親が流れた直後の東2局では、5・7・8というソウズの形から赤5索をテンパイまで大事にキープすると、絶好の6索引きで9巡目にリーチ。直後に下家の瀬戸熊がアガリ牌の9筒を放銃し、リーチ・一発・ドラ・赤の8000点。リーチのみの手を満貫まで育て上げる見事な手順でリードを広げた。


 東4局1本場でも瀬戸熊からリーチ・ドラの2600点(+300点、供託1000点)をアガって加点した近藤は、南場に入ると一転して安全運転モードにシフトチェンジ。南3局では親の園田のリーチを平和・ツモの1300点(+供託1000点)でさらりとかわし、解説のU-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)に「リードした後にバタバタすることのない安定した打ち回し。非常に近藤らしい」と評された盤石の構えで対局を進めていく。南4局では親の前原のリーチに対して安全牌がなく「振り込む振り込むと思っていたら本当に振り込みましたね」と放銃してしまったものの、ここはリーチ・ドラの3900点止まり。仕切り直しのオーラスでは園田が3着確保のアガリを決め、近藤が序盤のリードを最後まで守り抜いて連闘での2連勝を達成した。


 その風貌から、一部では“麻雀界の梅沢富美男”とも呼ばれる近藤。勝利者インタビューで「夢物語のようでした。もちろん連勝したいという気持ちでいきましたけど、この状況で普通そんなに連勝できませんから」と心境を語ったところ、視聴者コメント欄は梅沢富美男の代表曲にかけて「夢芝居だ」「夢芝居きたー!」と大盛り上がり。さらに近藤が「フェニックスはこれからまだまだ羽ばたきます!」と熱い抱負を語ると、ファンからは「本当に不死鳥だ」「羽ばたいてくれ!」「最高で最強!」「近藤さん、あんた男だ!」といった応援と賛辞の声が続々と寄せられていた。

 昨年、最高位・最強位の二冠に輝いた近藤の大活躍によって、3位のKONAMI麻雀格闘倶楽部と7位のセガサミーフェニックスが106.4ポイント差と、1回のトップラスで順位がそっくり入れ替わるほどの大混戦となったMリーグ終盤戦。4位から7位まで、わずか27.1ポイントの間に4チームがひしめく混沌とした状況に、解説の小林も「面白くなってきましたね。59日やってこれですから。まるで2日目か3日目の成績みたいです」と驚きを隠せなかった。すべてのチームにファイナルシリーズ進出の可能性がある中、残り試合はもうあとわずか。クライマックスを迎えたMリーグから、ますます目が離せない。


【2回戦結果】


1着 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)4万400点/+60.4

2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)2万9500点/+9.5

3着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)1万7500点/▲22.5

4着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)1万2600点/▲47.4


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


【1月24日終了時点での成績】


1位 EX風林火山 +324.2(66/80)

2位 赤坂ドリブンズ +120.9(70/80)

3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲15.3(68/80)

4位 渋谷ABEMAS ▲94.6(66/80)

5位 U-NEXT Pirates ▲105.1(66/80)

6位 TEAM雷電 ▲108.4(68/80)

7位 セガサミーフェニックス ▲121.7(68/80)


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月で2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000