3~7位が106.4ポイント差 大混戦抜け出すのはどこ?/麻雀・大和証券Mリーグ

 Mリーグ機構は、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」1月25日の1回戦に出場する4選手を発表した。リーグ最下位だったセガサミーフェニックスが、前日24日に近藤誠一(最高位戦)の2連勝によって、一気にポイントを回復。上位4チームがファイナルシリーズ(FS)に進出するが、3~7位までが1回のトップラスでひっくり返るほどの106.4ポイント差にひしめく大混戦だ。

 チームとしては3連勝と、一気に息を吹き返したセガサミーフェニックスからは、茅森早香(最高位戦)が出場する。今年に入ってからは4戦ラスなし、直近ではトップも取った。流れに乗って一気にFS圏内に飛び込めるか。現在、FSの当落線上にいるのが渋谷ABEMAS。一時期はセガサミーフェニックス同様、下位に沈んだものの、リーダー多井隆晴(RMU)の活躍で再び4位にまで浮上した。多井は1回戦にも登場するが、最低でもFS圏内は守りたい。リーグ3位にいるのがKONAMI麻雀格闘倶楽部。FS圏外の5位、U-NEXT Piratesとの差は89.8ポイント。直接対決1回のトップラスで100ポイントは縮むだけに、エース佐々木寿人(連盟)がリーグ最多の31戦目でチームを安全圏へと導けるか。首位を快走するEX風林火山からは二階堂亜樹(連盟)が出場。昨年末から調子は上がっていないものの、11月5日以来となるトップを取れれば、チームの首位通過はさらに安泰になる。


【1月25日1回戦】※通算119回戦


EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)※個人12位 ▲25.2

KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)※個人3位 +151.2

渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)※個人6位 +111.0

セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)※個人13位 ▲26.3


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


【1月24日終了時点での成績】


1位 EX風林火山 +324.2(66/80)

2位 赤坂ドリブンズ +120.9(70/80)

3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲15.3(68/80)

4位 渋谷ABEMAS ▲94.6(66/80)

5位 U-NEXT Pirates ▲105.1(66/80)

6位 TEAM雷電 ▲108.4(68/80)

7位 セガサミーフェニックス ▲121.7(68/80)


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月で2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶1/25(金)19:00~ 大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックス

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000