「フェニックスは何度でも蘇ります」近藤誠一、極限の集中力で個人3連勝/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」2月1日の1回戦で、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)が個人3連勝となる7勝目、チームとしての19勝目を挙げた。

 対局者は起家から渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)。


 一時は大きく離された最下位に位置していたセガサミーフェニックス。チーム一丸の猛烈な追い上げで1月25日にはファイナルシリーズ進出圏内の4位にまで浮上したものの、1月29日の2連戦で魚谷侑未(連盟)が痛恨の2連続ラスを喫した。残り8試合で順位は6位。ボーダーラインのKONAMI麻雀格闘倶楽部とは143.4ポイント差とまさに土俵際の状況で、先発を託されたのは2連勝中の大黒柱・近藤だった。


 Mリーグ初解説を務めた内川幸太郎(連盟)が「近藤さんの試合前の気合が尋常ではなかった。ちょっと話しかけられないような雰囲気」と明かしたほど対局に集中していた近藤。自他共に認める感覚派だけに、「対局前は頭を真っ白にして、対局中はとにかく麻雀に入り込むこと」を大事にしているという。そんな近藤の極限の集中力が、東2局1本場で実を結んだ。


 仕掛けを入れた親の瀬戸熊がドラの9筒単騎待ちでテンパイする中、近藤の手は9筒が孤立した危険な形。しかし攻撃が最大の防御とばかりにこの9筒を重ねてリーチをかけると、次巡にアガリ牌の4索を気迫の一発ツモ。自身でも「最高の結末」と振り返ったリーチ・一発・ツモ・ドラ3の1万2000点(+300点、供託1000点)でトップに立ち、対局の主導権を握った。

 2着目の白鳥に1000点差まで詰め寄られて迎えた南1局では、3巡目に急所の赤五万を引いて小細工なしの先制リーチ。他家が警戒する中ペンチャン待ちを見事にツモり、リーチ・ツモ・ドラ・赤の8000点を加点してリードを広げた。好配牌を手にした南3局1本場でも、冷静沈着なダマテンでタンヤオ・イーペーコー・赤2・ドラの8000点(+300点)を瀬戸熊から直撃。オーラス前までに大きなリードを築き上げ、トップをほぼ確定させた。


 勝利者インタビューでは、追い込まれたチーム状況について「とてつもないプレッシャーがかかっていました」と率直な気持ちを吐露した近藤。チームメイトやファンの思いを背負って戦うMリーグという舞台について「実際にやってみるとエグいですね。言葉に表すのは難しいです」と苦笑しながらも、あらためて充実感を漂わせていた。


 連闘の2回戦でも2着に入り、1日で84.8ポイントを稼いだ近藤。チームの順位は6位のままで変わらずも、4位のKONAMI麻雀格闘倶楽部との差を58.6ポイントまで一気に縮めてみせた。近藤が「フェニックスは何回でも蘇ります」と堂々と宣言した通り、不屈の闘志でまたしても復活を果たしたセガサミーフェニックス。残り6戦、不死鳥たちの戦いぶりから目が離せない。

【1回戦結果】


1着 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)5万100点/+70.1

2着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)3万400点/+10.4

3着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)2万1000点/▲19.0

4着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)-1500点/▲61.5


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ ドリブンズvsABEMASvsフェニックスvs雷電

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000