Mリーマン園田賢、有休使って“専業プロ”で快勝 個人スコア首位浮上/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」2月4日の1回戦で、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)が、個人スコア首位に返り咲く10勝目を挙げた。

 対局者は起家から赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)と上位4チームが激突した。


 サラリーマンとMリーガーという二足のわらじで戦う園田。2戦目からの出場がルーティンだったが、この日は連闘を託されていたため、1戦目から万全の態勢で戦えるよう、有休を使ってコンディションを整えてきた。


 園田は東3局、得意の鳴きで純チャンタ・三色同順・ドラで8000点(+供託1000点)、東4局ではリーチ・平和・ツモ・イーペーコーで5200点と、鳴きと門前(メンゼン)を使い分けての連続加点でトップ目に立った。

 さらに南2局、二階堂と前原からのリーチにひるむことなく真っ向勝負。これをリーチ・一発・赤に仕上げ5200点(+供託2000点)とリーチ合戦も制した。


 南4局では前原の親リーチ宣言牌を「赤牌ありルールなので4000オールと6000オールの違いはけっこう大きい。4000オールだったらまくり返せる」と打点を下げさせるために仕掛けを入れて一発消し。7枚の手牌で守備に徹しながらも最終的にテンパイこぎつけた園田の打ち回しには「あのチーを出来る人はいない。寒気がした」と解説の渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)も驚嘆した。

 

 チームは前日までに+89.9で2位のポジションにいたとはいえ「ここで負けたら5位以下が見えてくる剣が峰中の剣が峰だった」と振り返るほど緊迫したレギュラーシーズン終盤戦。期待に応えた“専業プロ”のまさに値千金の勝利だった。【福山純生(雀聖アワー)】

【1回戦結果】

1着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)4万2700点/+62.7

2着 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)2万1800点/▲8.2

2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)2万1800点/▲8.2

4着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)1万3700点/▲46.3


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsPirates

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000