アンジャッシュ児嶋、名前間違いネタ使って麻雀盛り上げに一役「Mリーグだよ!を流行らせる」

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ」ファイナルシリーズを盛り上げるため、2月13日、都内で記者会見が行われ、応援団の結成が発表された。爆笑問題・田中裕二団長のもと、児嶋一哉(アンジャッシュ)も駆けつけた。

 児嶋は2003年、日本プロ麻雀協会のプロテストに合格。「麻雀プロ芸人!アンジャッシュ児嶋の負けない麻雀サイト“こじま~じゃん”」という麻雀サイトを展開するほど麻雀愛に満ち溢れ、2007年には「第18回麻雀最強戦」準優勝、現在も数多くの対局番組にも出演している麻雀プロ芸人である。


 そんな児嶋には応援しているチームがあった。「僕は勝手にKONAMI格闘倶楽部を応援させて頂いておりまして。一時期マイナス400ぐらいいった時はダメかなと思っていたんですけど、そこからまさかの復活。その胆力とういか打ち方がおもしろいじゃないですか、トップ、ビリ、トップ、ビリみたいな。この勢いでファイナルシリーズも負けるなら負ける勝つならすげえ勝つみたいなことは期待しちゃいますね」と笑うと、田中団長から「児嶋さんの普段の打ち方とは真逆ですね。2着3着2着3着みたいな感じだから」と即突っ込まれ「だから憧れるんですよね」と本音を吐露した。


 そんな児嶋の公約は「Mリーグだよ!」を流行らせること。「児嶋だよ!をやらせて頂いているので、私にJリーグ好きなんですよねと聞いてもらったら、Mリーグだよ!っていうのをやりたい」と宣言していた。【福山純生(雀聖アワー)】


◆Mリーグ 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】 【記者会見】Mリーグ2018 ファイナルシリーズ

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000