絶好調タイトルホルダーでも悩むチーム戦の難しさ 近藤誠一「立ち回りの難しさは何倍かもわからない」/麻雀・Mリーグ

 個人競技であることが当たり前だった「麻雀」という種目について、これほどまでにチーム戦の難しさを味わった3人は他にいないかもしれない。昨年10月に開幕したプロ麻雀リーグ「Mリーグ」のレギュラーシーズンを終え、セガサミーフェニックスは▲170.1の6位で今期を終了した。上位4チームまでのファイナルシリーズ進出に手が届いていた時期もあったが、シーズン最終戦では近藤誠一(最高位戦)がチームのリーグ最下位転落を防ぐトップを取った。「なかなか難しいことが多くて。立ち回りの難しさは何倍かも分からない」と、振り返った。

 シーズン最終戦を終えた翌日の2月13日、最後まで戦ったセガサミーフェニックスの3選手は、記者会見前に行われた囲み取材に対応した。2018年度としては、日本オープン、女流プロ麻雀日本シリーズ、王位戦とタイトル三冠に輝いた魚谷侑未、最高位・最強位の二冠となった近藤、「天才」と称される打ち回しを見せた茅森早香(最高位戦)と、調子・実績を見れば、ファイナル進出は十分に望めたが、結果は7チーム中6位。チームの柱である近藤は、このチーム対抗戦独特の難しさを「えげつない」と表現した。

 近藤 「そもそも個人戦であったとしても、終盤になればなるほど立ち回りが難しい。特に自分が勝つ可能性が、ゼロに近づけば近づくほど、周りにどういう影響を与えるのか(考える)。影響自体はどうしても与えてしまうのですが、それを最小限に食い止めるとか、そういった立ち回りの部分が非常に難しい中で、それが個人でなくてチームがある。打っている相手にもそれぞれチームがあるし、自分にもチームがある。そういったところが(個人戦の)2倍、3倍どころか、何倍かも分からないほど難しかったので、最終的に選んだ言葉が“えげつない”という言葉になりました」


 好調で成績が上位であれば、そのまま3人で突き進めばいい。ただ、そうでない時にどうするか。チームとしての意向、選手としての意向。さらには自チームだけでなく、ライバルチームへの影響。華々しくスタートを切ったMリーグ初年度において、必ず直面するこの難しさを強く感じたのが、セガサミーフェニックスの3人かもしれない。

 先述のとおり、3人ともプロ麻雀界においては、名の知れた実力者。来期も同様にリーグで戦うことになれば、このままで終わるはずもない。開幕前、個人成績としてはベスト5を目指し、男性プロと対等に戦えると宣言していた魚谷は個人18位(▲249.1)だった。「自分の至らなかった点はこの4カ月ですごく感じました。本当にこんな結果になってしまって、チームの敗退も私が原因というところもかなり大きいので、本当にこの悔しさをきちんとバネにして、来季に向けてさらに自分を磨いて、麻雀が強くなって帰ってきたいなと心から思っています」と強い眼差しを見せた。


 また子育てと両立させながら戦い切った茅森は「赤牌入りという麻雀に慣れていなくて、(レギュラーシーズン)最後の方にやっとわかってきたかなぐらいで、敗退してしまったので、そこの部分も考えて次回また出来ればいいなと思っています。子育てがあるんで忙しいんですけど、対局映像を見て、家に雀卓もあるので、家でいっぱいMリーグルールで練習できたらと思っています」と振り返った。

 そして近藤は、今期の現実を見に焼き付けて、来期へとつなげるという。「印象に残った試合、これから始まるファイナルシリーズの試合は全部見ます。体力的には問題があるので、実際に打つ練習は減らし、それに代わるものとして、対局映像を徹底的に見ていこうと思っています」と語った。


 大ベテラン近藤ですら「えげつない」と振り返ったMリーグの舞台。それでも必死に戦うチームへの声援の多さは、7チームの中でもトップクラスだった。この苦悩を乗り越え、2年目に頂点に立った時、この1年目の悔しさはいい思い出に変わる。【小松正明】


【レギュラーシーズン成績】


1位 EX風林火山 +281.7(80/80)

2位 渋谷ABEMAS +184.6(80/80)

3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +39.2(80/80)

4位 赤坂ドリブンズ ▲8.7(80/80)

5位 U-NEXT Pirates ▲99.2(80/80)

6位 セガサミーフェニックス ▲170.1(80/80)

7位 TEAM雷電 ▲227.5(80/80)


◆Mリーグ 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶2/24(日)22:00~ 大和証券M.LEAGUE 2018 10月→2月 REVIEW フェニックス

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000