開幕戦は赤坂ドリブンズ・鈴木たろうが勝利/麻雀・Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ」でレギュラーシーズンを勝ち上がったEX風林火山、渋谷ABEMAS、KONAMI麻雀格闘倶楽部、赤坂ドリブンズの4チームが競う「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」が3月2日に開幕した。1回戦では、赤坂ドリブンズを率いる越山剛監督から先発を託された鈴木たろう(協会)がトップを取り、チームに勢いをつけた。

 対局者は起家からEX風林火山・二階堂亜樹(連盟)、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)。


 東3局3本場、鈴木はリーチ・ツモ・平和・赤・ドラ2で1万2000点(+900点、供託1000点)をアガって波に乗ると、南2局の親番でも、リーチ・平和・ドラ2で1万2000点(+1000点)を加点。レギュラーシーズン平均打点2位(21人中)の実力を見せつけた。

 そして2着目の高宮と1300点差で迎えた南4局1本場では、高宮から仕掛けが入る中、5巡目にテンパイすると、河の状況から「一番アガりやすい形」を判断し、三・六万待ちの平和ではなく、一・四万待ちに構えてリーチを選択。これをリーチ・ツモ・ドラで5200点(+300点、供託2000点)に仕上げる“ゼウスの選択”でトップを奪取。解説のTEAM雷電・萩原聖人(連盟)も「(対局前に)期待値を追い続けますって言ってたのに、期待値以上の最大値を追い続けてませんでした?」と鈴木の打点構想力に舌を巻いた。


 勝利者インタビューでは「とりあえずまだ1戦ですけど、Mリーグも、ドリブンズも盛り上げていきたい」とファイナル初勝利に笑みをこぼしながらも気を引き締めた。【福山純生(雀聖アワー)】

【1回戦結果】


1着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)4万5300点/+65.3

2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)3万5100点/+15.1

3着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)1万9400点/▲20.6

4着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)200点/▲59.8


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆Mリーグ 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は毎週土日計8日間(3月16日・17日を除く)、 1日3試合、 合計24試合を行う。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】 Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ1日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000