“負けない女”二階堂亜樹、初代王者へ攻撃的にギアチェンジでトップ獲得/麻雀・Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ

 「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」3月3日の1回戦で、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)がトップを取り、チームにファイナル初勝利をもたらした。

 対局者は起家からKONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)。


 レギュラーシーズンにおけるEX風林火山の戦略は、4着回避率ベスト3をチーム3人が占めたように、徐(しず)かなること林の如く、動かざること山の如く徹底して守備を固め、首位通過で+140.9ポイントを持ち越した。だが「ファイナルでは攻撃的に行かないと勝てない」と1日3試合を8日間、計24戦で競い合う短期決戦のため、二階堂は守備から攻めへギアチェンジしていた。


 東1局、ドラ7万のペンチャン待ちでテンパイした二階堂は間髪入れずにリーチを宣言し、リーチ・赤・ドラ2で8000点(+1000点)を決めた。解説のセガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)も「亜樹さんは攻めの気持ちが最大限に出ています」とギアチェンジに気がついた。

 二階堂のギアチェンジが圧巻だったのは東3局。「先手を取れる局面が多くなってきて、運気も上昇していたので、前のめりで攻めていった」と5巡目にドラ3筒をリャンシャンテンの段階で暗カン。11巡目にテンパイすると、リーチ・ツモ・赤・ドラ6で倍満1万6000点(+1000点)に仕上げ、5万点オーバー。これが決まり手となり、ファイナルステージ初勝利を挙げた。


 連闘した2回戦ではラスを引いたが、3戦目で勝又がトップを取ったため、この日のEX風林火山は、トップ・ラス・トップという激しい戦いぶりとなった。


 1999年、二階堂は当時史上最年少18歳でプロ入り。デビュー当時から磨き上げてきた冷静な判断力と内に秘めた情熱を抱き、ファイナルステージでは速きこと風の如く、侵略すること火の如く戦っていく覚悟だ。初代Mリーグ王者という誰も到達したことのない頂に向かって。【福山純生(雀聖アワー)】

【1回戦結果】


1着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)5万3200点/+73.2

2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)2万8800点/+8.8

3着 赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)1万1300点/▲28.7

4着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)6700点/▲53.3


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆Mリーグ 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ2日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000