白鳥翔、復活!“4万点分”の南のみアガりトップ/麻雀・Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ

 「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」3月3日の2回戦で、レギュラーシーズン個人スコア最下位と苦しみ抜いた渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)がファイナル初勝利を挙げた。

 対局者は起家からKONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)、渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)。


 渋谷ABEMASのファイナル初日は、レギュラーシーズンで11試合連続連対を決めた絶対的エースの多井隆晴(RMU)が初戦に出陣するも4着。白鳥2戦目3着、松本吉弘(協会)3戦目4着と、まさかの3連続逆連対スタートとなっていた。


 8日間全24試合という短期決戦の2日目。チームを率いる藤田晋監督からは「今日は若者でいきます」と最年少Mリーガーの松本と30代の白鳥に、浮上のきっかけは託された。


 1回戦でラスを引いていた松本からバトンを受け取った白鳥は「個人としてレギュラーシーズンでは不甲斐ない成績だったので、ファイナルで復活したい」とMリーグにおける自身の最適バランスを研究し直し「自分は小さいアガリを積み重ねていく」と柔軟に対処していく自身の麻雀スタイルにひとつの答えを出していた。

 開局から南1局1本場まで、5局中4局が流局する重苦しい展開の中、白鳥はテンパイ3回と、着順取りの名手ぶりを発揮。南2局2本場、タンヤオ・赤で3000点(+600点、供託2000点)をアガってトップ目に立ったが、南3局4本場で鈴木に逆転を許し、2400点差の2着目で南4局を迎えた。

 しかし3巡目、ラス目だった二階堂からリーチが飛んで来た。二階堂が満貫ツモなら鈴木との着順は変わらない状況下、白鳥は4巡目に高宮から出た南を仕掛けることを決断。二階堂からリーチ棒が出ていたため、1000点ツモれば、鈴木が親番なので逆転可能と自ら退路を断ったのだ。


 腹を括った白鳥は、10巡目に二階堂と同じ待ちとなる五・八万でテンパイ。その後も二階堂の無スジを切り飛ばし、16巡目に待望の五万をツモって南で1100点(+1000点)をアガリ切り、僅か200点差ながらも逆転トップをもぎ取った。トップと2着では、順位点で40ポイント、点数にして4万点の違いがあることから、子の役満3万2000点をも超える、価値ある南のみとなった。


 2018年12月18日以来の勝利には「翔やんが帰ってきたぞ!」「供託集めた甲斐があったね」「供託勝ちというより聴牌勝ちだね」と視聴者も喝采した。


 ファイナル2日目に早くも研究の成果を出し「ようやく復活したかな」と監督、チームメイト、ファンに報告した白鳥。レギュラーシーズンで味わった苦悩を力に変える“スワンダイブのリベンジ劇場”が始まった。【福山純生(雀聖アワー)】

【2回戦結果】


1着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)3万5800点/+55.8

2着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)3万5600点/+15.6

3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)1万9600点/▲20.4

4着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)9000点/▲51.0


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆Mリーグ 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ2日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000