“軍師”勝又健志「まだファイナルは前半戦」大人の余裕でトップ/麻雀・Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ

 「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」3月3日の3回戦で、EX風林火山・勝又健志(連盟)が自身ファイナル初トップ、チーム2勝目を挙げた。

 対局者は起家から、EX風林火山・勝又健志(連盟)、渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)。


 東1局、親番・勝又はリーチ・ツモ・平和・ドラで7800点(+1000点)をアガると、東2局2本場では、園田が萬子のホンイツ仕掛けと白鳥からのリーチを受けながらも、ヤミテンからイーペーコー・ドラ1の2600点(+600点、1000点)をアガり確実に加点。


 解説のセガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)と茅森早香(最高位戦)は「相手の切り出しを見ながら(自分の)手牌を進めている」と攻守の切り替えを的確に見極める打ち回しこそ“軍師”たる所以と賞賛した。

 南1局でリーチ・ドラ3900点(+1000点)を加点し、持ち点を4万点台に乗せた勝又は「攻めやすい手牌と守らなければいけない手牌がわかりやすく来たのでバランスが取れた」と一分の隙も見せずにトップでフィニッシュ。この日のEX風林火山はトップ・ラス・トップで最終的に+84.3ポイントを積み上げ、首位の赤坂ドリブンズに3.0ポイント差まで肉薄した。


 侵掠(しんりゃく)すること火の如く。かの名武将・武田信玄の軍旗に記されたとされる風林火山の「火」の部分を自分だと語る勝又は「まだまだファイナルは前半戦なので、相手とのポイントより、自分たちのポイントを300ぐらい積み重ねていくことが優先」とレギュラーシーズン同様にどっしり構え、初代Mリーグ制覇に向け、策を講じ続けていく。【福山純生(雀聖アワー)】

【3回戦結果】


1着 EX風林火山・勝又健志(連盟)4万2100点/+62.1

2着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)3万3600点/+13.6

3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)2万3500点/▲16.5

4着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)800点/▲59.2


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


【3月3日終了時点での成績】


1位 赤坂ドリブンズ +179.3(6/24)

2位 EX風林火山 +176.3(6/24)

3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲40.9(6/24)

4位 渋谷ABEMAS ▲66.2(6/24)


※レギュラーシーズンポイントは半分持ち越し


◆Mリーグ 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ2日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000