“復活の滝沢”ファイナル3日目で待望トップ 初代王者へ「ゴールはまだ先」/麻雀・Mリーグ 2018 朝日新聞ファイナルシリーズ

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」3月9日の1回戦で、EX風林火山・滝沢和典(連盟)が自身初トップ、チーム3勝目を挙げた。これで二階堂亜樹(連盟)、勝又健志(連盟)に続き、ファイナル開幕3日目でチーム3選手が揃い踏みでトップを取った。

 対局者は起家から渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)、EX風林火山・滝沢和典(連盟)、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)。


 開幕初日に首位の座を赤坂ドリブンズに明け渡していたEX風林火山だったが、滝沢には気負いも焦りもなかった。


 東1局1本場、前原からの先制リーチを受けながらも、東・中・ドラ2で8000点(+300点、供託1000点)をアガリ切った滝沢は、東2局でもリーチ・ツモ・平和・イーペーコーで5200点と連続加点。

 トップ目だった鈴木とは8500点差の2着目で迎えた南4局。満貫ツモか5200点直撃がトップ条件だった滝沢は、13巡目に白鳥からリーチが入ったことで、他家から満貫出アガリでもトップになれる状況となった。同巡にテンパイしたが落ち着いてヤミテンに構え、ツモ・三色同順・赤・ドラで8000点(+1000点)を鮮やかにアガって、逆転トップをもぎ取った。


 レギュラーシーズンでここ数年の大不振を払拭する見事なまでの復活劇を見せていた滝沢は「ゴールはまだまだ先にある」と勝利者インタビューでも対局同様の落ち着きぶり。


 4着回避率トップ3を誇るEX風林火山は、優勝争いの主役となるべく全員トップギアに切り替え、残り5日間、Mリーグ初代王者にピタリと照準を合わせてきた。【福山純生(雀聖アワー)】

【1回戦結果】


1着 EX風林火山・滝沢和典(連盟)4万6300点/+66.3

2着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)4万1800点/+21.8

3着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)2万1800点/▲18.2

4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)-9900点/▲69.9


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆Mリーグ 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は毎週土日計8日間(3月16日・17日を除く)、 1日3試合、 合計24試合を行う。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】15:00~ Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ3日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000