頂上決戦で輝く神の右腕“ゼウス”鈴木たろう、5連続連対でチーム首位がっちり/麻雀・Mリーグ 2018 朝日新聞ファイナルシリーズ

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」3月9日の3回戦で、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)が自身ファイナル3勝目、チーム4勝目を挙げ首位を堅守した。

 対局者は起家から、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)、EX風林火山・勝又健志(連盟)、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)。


 ファイナルシリーズ開幕3連勝で4位から首位へ一気に浮上していた赤坂ドリブンズ。その立役者である“ゼウス”の異名を持つ鈴木は開幕から1着2回、2着2回と4試合連続連対(1着か2着を取ること)と勢いに乗っていた。


 東2局、親番・鈴木は、多井からの7巡目先制リーチに真っ向勝負。無スジの牌を2枚勝負して10巡目に追いつくと、リーチ・一発・ツモ・平和・三色同順で1万8000点(+1000点)を決めた。さらに東2局1本場でもリーチ・ツモ・平和・赤・ドラで1万2000点(+300点)と連続加点に成功し、ゲームの主導権を完全に掌握した。

 Mリーグ初代王者を決める頂上決戦でも、その勝負強さをいかんなく発揮し続けるゼウス。自身3勝目、連対を5試合と伸ばし+222.2を叩き出し、チームを率いる越山剛監督の起用に応えた。

 

 解説の土田浩翔(最高位戦)も「腕がいいですよ。腕でもぎ取っているトップが多い。麻雀は門前(メンゼン)でアガったり仕掛けてアガったりするゲームですけれど、(鈴木の)データ通りで行くと、仕掛けてアガらない局の上手さが光っていますよね。それで門前でアガリに持っていく、仕掛けてアガリに持っていくというリズムの作り方が相当なレベル」とその強さの要因を絶賛。


 視聴者も「ゼウス最強」「ニコニコゼウス」「ドリブンズは安定しているね」と喝采。パブリックビューイングでも赤坂ドリブンズの紫ステイックバルーンが乱舞した。【福山純生(雀聖アワー)】

【3回戦結果】


1着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)4万4100点/+64.1

2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)2万6700点/+6.7

3着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)1万7700点/▲22.3

4着 EX風林火山・勝又健志(連盟)1万1500点/▲48.5


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


【3月9日終了時点での成績】


1位 赤坂ドリブンズ +208.5(9/24)

2位 EX風林火山 +175.1(9/24)

3位 渋谷ABEMAS ▲41.8(9/24)

4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲93.3(9/24)


※レギュラーシーズンポイントは半分持ち越し


◆Mリーグ 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は毎週土日計8日間(3月16日・17日を除く)、 1日3試合、 合計24試合を行う。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】15:00~ Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ3日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000