親の役満に勝る二階堂亜樹の安定感 大逆転トップでチーム4勝目/麻雀・Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」3月10日の1回戦で、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)が自身ファイナル2勝目、チーム4勝目を大逆転トップでもぎ取った。

 対局者は起家から、KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)。


 ファイナルシリーズ全8日間、折り返しとなる4日目の初戦。選手3人で話し合って出場選手を決めるEX風林火山は、レギュラーシーズン4着回避率2位(全21人中)の守備力を誇る“負けない女”こと二階堂が先発した。


 二階堂は、東場で多井に独走を許すも2着目で南場を迎えた。しかし南1局1本場、親番・前原が5万点オーバーの多井から大三元をアガったことで、二階堂のターゲットは前原にスイッチした。

 「もともと多井さんが持っていた点棒がそっくり前原さんに行っただけだったので、とにかく前原さんの親を終わらせることが優先だった」と南1局2本場では、前原の先制リーチに真っ向勝負。リーチ合戦を見事制し、リーチ・ツモ・赤・ドラ5で倍満1万6000点(+600、供託1000点)をアガって反撃を開始した。


 さらに南3局1本場、再び前原から先制リーチを受けるも発・中・ホンイツで8000点(+300点、供託1000点)、続く南4局の親番でもリーチ・平和・赤で5800点(+1000点)と2連続で前原を直撃し、トップ目に立った。


 そしてオーラスでは持ち前の守備力を生かしてゲームを終わらせ、一時は6万6100点持ちの前原と開いていた4万700点差をひっくり返す劇的な勝利でチーム4勝目を挙げた。


 解説の内川幸太郎(連盟)も「大連チャンの多井さんでもなく、役満をアガった前原さんでもなく、隙を突いた安定感抜群の亜樹さんの価値ある大きなトップでしたね」と絶賛。「亜樹、隙が無かったな」「いい試合だった」「麻雀とは辛抱だな」「すげえぇな」「息吸うのも忘れて見てた」と視聴者からも賞賛された。


 勝利者インタビューでは「すごい半荘だったなと思います」と笑顔で振り返った二階堂。守備から攻めへギアチェンジした負けない女は、1時間54分の死闘でさらなる進化を遂げた。【福山純生(雀聖アワー)】

【1回戦結果】


1着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)4万2200点/+62.2

2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)3万8300点/+18.8

3着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)1万4400点/▲25.6

4着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)4600点/▲55.4


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆Mリーグ 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は毎週土日計8日間(3月16日・17日を除く)、 1日3試合、 合計24試合を行う。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ4日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000