緩急自在で6連続連対! 鈴木たろうがファイナル4勝目「うまく行きすぎて怖い」/麻雀・Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」3月10日の2回戦で、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)が自身ファイナル4勝目、チーム5勝目を挙げ、6試合連続連対(1着か2着を取ること)を決めた。

 対局者は起家から、EX風林火山・勝又健志(連盟)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)。


 第2戦は全9局中5回が流局という重苦しい展開となった。レギュラーシーズン平均打点部門2位(全21選手中)と高い打点力を誇る鈴木の初アガリは、南1局1本場で仕掛けてアガった北・ドラの2000点(+300点)。解説の内川幸太郎(連盟)に「たろうさんにしては珍しい仕掛け」と言わしめるほど、打点よりもアガリを重視した加点だった。


 全員2万点台で迎えた南3局1本場では、ドラ5索をイーシャンテンの段階で手放し、11巡目に1・4・7索待ちでテンパイすると鈴木はリーチを決断。これをリーチ・ドラで3200点(+300点、供託1000点)と着実に加点し、オーラス1人ノーテンでもトップを確定できる点差まで広げた。

 接戦と見るや「1回のアガリ逃しが大きく響く」と打点よりもアガリやすさに選択基準を切り替え、じりじりするようなロースコアな戦いを制しての4勝目。レギュラーシーズン80戦の中で11試合連続連対を達成した渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)に勝るとも劣らないファイナルシリーズ6試合連続連対を達成した。


 鈴木はここまで+274.5ポイントを叩き出し、チームの首位キープに大きく貢献。「うまく行きすぎて怖いですね。いつ反動が来るのか」としながらも「うまく行っているから、自分のやり方に自信を持って出来ている」と“ゼウスの選択”はさらに輝きを増してきた。【福山純生(雀聖アワー)】

【2回戦結果】


1着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)3万2300点/+52.3

2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)2万8700点/+8.7

3着 EX風林火山・勝又健志(連盟)2万4400点/▲15.6

4着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)1万4600点/▲45.4


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆Mリーグ 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は毎週土日計8日間(3月16日・17日を除く)、 1日3試合、 合計24試合を行う。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ4日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000