赤坂ドリブンズ、ファイナル首位ターン!12戦6勝の快進撃/麻雀・Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」3月10日の3回戦では、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)が自身ファイナル初勝利、チーム6勝目を挙げ、ファイナルステージ首位ターンを決めた。

 対局者は起家から、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)、渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)、EX風林火山・滝沢和典(連盟)。


 東1局で5200点(+1000点)、東2局で7800点と連続加点に成功した園田は、東場を2着目で折り返した。


 南2局、園田はトップ目だった高宮からリーチ・ドラ2で7700点を直撃してトップに躍り出ると、続く南2局1本場では、読みを駆使した鉄壁の守備を見せた。


 5索か白を切れば、七対子・赤・ドラ2でテンパイだったが「(滝沢さんには)南か白か5索がほぼほぼアタリかなと。(5索か白の)どっちかを通してもアガリは難しいので、我慢が利きました」とどちらも切らず、テンパイを崩したのだ。実際、園田の読み通り、仕掛けていた滝沢は5索と白のシャンポン待ちだった。

 南3局でもタンヤオ仕掛けで四・七万待ちでテンパイしていたが、リーチをしていた白鳥のアタリ牌だった4筒を持ってきたところで少考。4筒を切らずにテンパイを崩し、オリ始めた園田を見て解説の内川幸太郎(連盟)も「嘘でしょ。切れっ切れですね。園田さんには何が見えているんでしょうか?」と読みの精度の高さに驚きを禁じ得なかった。


 南3局1本場で高宮にまくられるも南4局でタンヤオ・赤・ハイテイで4000点をアガり切っての再逆転トップ。


 勝利者インタビューでは「レギュラーシーズン首位リターンで新年を迎えたところからズルズルと4位に落ちてしまった教訓を生かしていく」と笑みをこぼしながらも気を引き締めた。


 赤坂ドリブンズは6試合連続連対の鈴木たろう(協会)が4勝、ファイナル初日に村上淳(最高位戦)がレギュラーシーズンの不振を払拭する男泣きの復活勝利、そして園田の初トップでチーム6勝目。


 4位からのファイナル進出だった赤坂ドリブンズは、開幕戦から越山剛監督の采配が冴え渡り、あっという間に優勝候補の一番手となり、Mリーグ初代チャンピオンに最も近いポジションで後半戦を迎えることになった。【福山純生(雀聖アワー)】

【3回戦結果】


1着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)3万4800点/+54.8

2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)3万1100点/+11.1

3着 EX風林火山・滝沢和典(連盟)2万4100点/▲15.9

4着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)1万点/▲50.0


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


【3月10日終了時点での成績】


1位 赤坂ドリブンズ +290.0(12/24)

2位 EX風林火山 +205.8(12/24)

3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲54.7(12/24)

4位 渋谷ABEMAS ▲192.6(12/24)


※レギュラーシーズンポイントは半分持ち越し


◆Mリーグ 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は毎週土日計8日間(3月16日・17日を除く)、 1日3試合、 合計24試合を行う。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ4日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000