これぞリーチ超人・村上淳!リーチ4発成功&小三元で圧勝/麻雀・Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ

 いよいよ後半戦に突入した「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」3月23日の1回戦で、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)が+99.9ポイントを叩き出す圧勝で、個人2勝目、チーム7勝目を挙げた。

 対局者は起家から渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)。


 東1局1本場、満貫放銃からスタートした村上は、東2局でリーチ・ツモ・タンヤオ・ドラ3で1万2000点をアガって反撃開始。東3局の親番では、7巡目に役なしドラ1カン7索待ちでテンパイしたが、打点とよりアガリやすい待ちを求めてテンパイを崩した次巡、7索をツモってくると「7索を持ってきたらフリテンリーチをしようと決めていた」と間髪を入れずにリーチ宣言。みごと一発で5索をツモり、リーチ・一発・ツモ・平和・ドラに仕上げ1万2000点を加点。東場からリーチ超人の異名通り「リーチしてツモる」を連発した。

 南3局の親番でも、二階堂から先制リーチを受けながらも一歩も引かず、ホンイツ・赤・小三元で1万8000点(+1000点)を加点。その後も攻撃の手を緩めず、連続で親満を決める等、計6回のアガリ中、リーチを4発成功させ、門前(メンゼン)高打点という自身のスタイルを貫く面目躍如で+99.9ポイントをゲット。パブリックビューイング会場に駆けつけた赤坂ドリブンズファンを歓喜させた。


 チームを指揮する越山剛監督の先発起用に応えたリーチ超人は、顔をほころばせながらも「期待値を稼ぐためだけに全力を注ぎ続けていきます」と気を引き締め、Mリーグ初代王者へと邁進するチームをさらに勢いづけた。【福山純生(雀聖アワー)】

【1回戦結果】


1着 赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)7万9900点/+99.9

2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)1万4100点/▲5.9

3着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)1万2500点/▲27.5

4着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)-6500点/▲66.5


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆Mリーグ 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は毎週土日計8日間(3月16日・17日を除く)、 1日3試合、 合計24試合を行う。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ5日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000