園田賢“魔法”で包囲網回避 越山監督の誕生日にチーム8勝目をプレゼント/麻雀・Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」3月23日の2回戦で、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)が個人2勝目、チーム8勝目を挙げ、チームポイントを+400台に乗せた。

 対局者は起家から赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)、EX風林火山・滝沢和典(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)。


 この日の1回戦では、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)が+99.9ポイントを叩く大トップを取っていたため、解説の内川幸太郎(連盟)は「(3チームが)開局から首位・赤坂ドリブンズ・園田さんの親番を潰しにくる」と予測していた。


 東1局、親番・園田は松本から8巡目に先制リーチを受けるも、圧巻の手順で12巡目にテンパイし追っかけリーチを敢行。これをリーチ・一発・ツモ・タンヤオで1万2000点(+1000点)に仕上げ「完璧すぎる!バランスとアガリに対する嗅覚が絶妙」と内川を唸らせた。

 東4局1本場では、滝沢が倍満ツモをアガったことで2着目に後退するも、南1局の親番で5800点、南1局1本場ではリーチ・ツモ・赤2で1万2000点(+300点)と連続加点で滝沢を逆転。南1局2本場で再び滝沢に逆転を許すも、南2局で5200点、南3局で3900点(+供託1000点)を加点し再々逆転。


 独走態勢を防ごうとする3チームの包囲網を“魔法”とも称される変幻自在の打ち回しでかいくぐり「優勝するためには風林火山とのトータルポイント差が一番キーになるのでタッキーさん(滝沢)より上の着順、少なくともトップを取られないように打っていたんですけど、こんなすごいシーソーゲームになるとは思っていなかった」と激戦を制した。


 ドラフト1位指名を受けたMリーグ唯一のサラリーマンプロ雀士は、この日誕生日だった越山剛監督に「勝利」という最高のプレゼントを連勝という形で贈った。【福山純生(雀聖アワー)】

【2回戦結果】


1着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)5万5400点/+75.4

2着 EX風林火山・滝沢和典(連盟)4万6500点/+26.5

3着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)5300点/▲34.7

4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)-7200点/▲67.2


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆Mリーグ 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は毎週土日計8日間(3月16日・17日を除く)、 1日3試合、 合計24試合を行う。

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ5日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000