キレッキレの翔TIME 白鳥がファイナル2勝目「僕たちは決して諦めない」/麻雀・Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」3月24日の1回戦で渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)が、チーム8戦ぶりとなるトップを取り、個人2勝目、チーム3勝目を挙げた。

 対局者は起家からEX風林火山・勝又健志(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)、渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)。


 Mリーグ初代王者を決める戦いは残り9試合。「上位2チームは互いの着順を気にしながらの戦いとなるので、是が非でもトップが欲しい他の2チームにとってはチャンスがある」と解説のTEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)は戦況を予測していた。


 首位・赤坂ドリブンズとは734.6ポイント差をつけられていた渋谷ABEMASにとってはまさに正念場。チームを率いる藤田晋監督から「とにかく明るくいこう」と先発を託された白鳥は「やるしかない」と覚悟を持って対局に臨んだ。


 東1局、白鳥は「決められる手は決めていこう」と圧巻の手筋でリーチ・タンヤオ・平和・三色同順を仕上げる好スタートを切った。東2局では、タンヤオ・赤2・ドラのカン6索待ちテンパイをキープしながら、高宮のリーチにヤミテンで立ち向かっていたが、高宮のアタリ牌だった2索を持ってくるとビタ止め。冷静にテンパイを崩し、流局に持ち込んだ。

 東4局1本場の親番では、13巡目に1・4・7筒待ちでピンズのホンイツをテンパイ。しかし高宮から2・5筒待ちの高目三色リーチが飛んで来た同巡に無スジの3筒を持ってくると「攻めてアガりやすいほう」と3筒をツモ切りし、3面待ちをキープ。次巡に5筒を持ってくると手牌に組み込んで6筒切り。5・8筒・白に待ちを変え、ホンイツ・赤をアガリ切って5800点(+300点、供託1000点)を加点した。視聴者も「キレッキレだな」「翔やんが帰って来た!」と場況に応じた柔軟かつ鋭い選択の連続を喝采した。


 勝利者インタビューでは「僕たちは決して諦めていない」と明るく誓うと、パブリックビューイング会場には涙をにじませた渋谷ABEMASファンの姿もあった。トップを取り続けていけば優勝の可能性も残されているだけに、大逆転Vが実現した時には、このトップが契機となるに違いない。【福山純生(雀聖アワー)】

【1回戦結果】


1着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)4万8900点/+68.9

2着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)2万5400点/+5.4

3着 EX風林火山・勝又健志(連盟)1万3800点/▲26.2

4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)1万1900点/▲48.1


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆Mリーグ 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は毎週土日計8日間(3月16日・17日を除く)、 1日3試合、 合計24試合を行う。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ6日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000