ついに開いた魔界の扉 魔王・佐々木がチーム18戦目でファイナル初勝利/麻雀・Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」3月24日の3回戦で、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)が、ファイナル18戦目にして待望のチーム初トップをもぎ取った。

 対局者は起家からEX風林火山・二階堂亜樹(連盟)、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)。


 ファイナル17戦を終え、2着9回、3着3回、4着5回とトップが一度も無い状況下。チーム初トップをもたらしたのは、やはりエースの佐々木だった。


 東1局、リーチ・赤で2600点をアガった佐々木は、東3局でも鈴木の先制リーチに追っかけリーチを放ったが不発。東4局1本場ではリーチ宣言牌が多井への放銃となり不発。東4局2本場でもリーチは成就せず、東場をラス目で折り返した。


 それでも一歩も後退しないのが“魔王”とも称される佐々木の真骨頂だ。南1局で鈴木の先制リーチに一寸の迷いもなく追っかけリーチを敢行すると、リーチ・一発・平和・ドラに仕上げて8000点を加点。南3局の親番で放ったリーチは流局に終わったが、続く南3局1本場では、南・トイトイ・赤・ドラ3で親の跳満1万8000点をアガってトップ目に立った。

 点棒を持ってからも攻撃の手を緩めず、オーラスでは「何が何でも自分でトップを取りに行く」と自らツモアガってフィニッシュ。「リーチ棒出してなんぼ」と自身のスタイルを貫き、逆転優勝への扉を力強くこじ開けた。


 勝利者インタビューでは、なかなかトップが取れなかったことをファンに詫びた後「とにかくトップを取り続けるしかない。麻雀格闘倶楽部らしく負ける時もアガる時もリーチ棒をたくさん出して最後まで攻め続けていく」と宣言。


 この日はチームオーナーである株式会社コナミアミューズメントが本社を構える愛知県一宮市でもパブリックビューイングが同時開催され、都内のパブリックビューイング会場同様、逆転Vを信じ続けているKONAMI麻雀格闘倶楽部ファンに、エースの勇姿は希望を与えた。【福山純生(雀聖アワー)】


【3回戦結果】


1着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)4万3800点/+63.8

2着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)2万7500点/+7.5

3着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(協会)2万2100点/▲17.9

4着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)6600点/▲53.4


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


【3月24日終了時点での成績】


1位 赤坂ドリブンズ +450.2(18/24)

2位 EX風林火山 +191.8(18/24)

3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部▲177.6(18/24)

4位 渋谷ABEMAS ▲215.9(18/24)


※レギュラーシーズンポイントは半分持ち越し


◆Mリーグ 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は毎週土日計8日間(3月16日・17日を除く)、 1日3試合、 合計24試合を行う。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ6日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000