SKE48麻雀クラブが活動開始 部長・須田亜香里「トーナメント戦したい!優勝した人がセンターとかいいね!」

 アイドルグループSKE48のメンバー・須田亜香里の呼びかけによって「SKE48麻雀クラブ」が発足、3月26日に初活動として麻雀ミニ講座を実施した。部長となった須田は「トーナメント戦して、優勝した人がセンターとかいいね!」と意気込みを語った。

 SKE48麻雀クラブは、須田がプロ麻雀リーグ「Mリーグ」のファイナルシリーズも盛り上げるための記者会見において、公約として「SKE48麻雀クラブをつくる」と語ったことからスタート。その後、ツイートで参加メンバーを呼びかけると、瞬く間に計16人のメンバーが集まったことで、ファンからは「公演ができる!」と大きな反響を呼んでいた。初心者も多い16人だけに、記念すべき第1回の活動としては、Mリーグ機構のスタッフに講義をしてもらうという内容となった。


 この日参加したのは須田、野々垣美希、井田玲音名、西満里奈、野村実代、斉藤真木子、松本慈子、坂本真凛、石黒友月の9人。Mリーグ機構からクラブ発足の記念としてキティちゃんの麻雀セットを送られると、全員が「かわいい!」と大喜び。ミニ講座を終えた須田は「こんなにもたくさんのメンバーが麻雀に興味を持ってくれてうれしい。きっかけがないと始めるのが難しいので、そのきっかけになれたことがうれしい。自分が人気者になった気持ちになるけど、麻雀が人気です!」と笑顔だった。


 須田は毎週日曜日に放送される麻雀ニュース番組「熱闘!Mリーグ」にもレギュラーアシスタントとして出演中。Mリーグは明日30、31日の2日間を残すのみで、約半年の激闘の末、初代王者が決定する。


(C)AbemaTV


▶3/30(土)15:00~ Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ7日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000