大逆転優勝に一筋の光 滝沢和典「最後まで諦めない」意地のトップ/麻雀・Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」3月30日の3回戦で、EX風林火山・滝沢和典(連盟)が自身2勝目、チーム6勝目を挙げ、大逆転優勝になんとか望みをつないだ。

 対局者は起家からEX風林火山・滝沢和典(連盟)、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)。


 1、2戦と赤坂ドリブンズに連勝を許していたEX風林火山にとっては正念場となった3戦目。Mリーグ初代王者に望みをつなぐためには、トップ奪取が命題だった。


 開局から園田に徹底マークされた滝沢にチャンスが訪れたのは南1局の親番。園田から追っかけリーチを食らいながらもリーチ・赤・ドラで7700点(+1000点)をアガると、南1局2本場でリーチ・一発・ツモ・平和・赤・ドラ2で1万8000点(+600点)を鮮やかに決めてトップ目に立った。

 各チームの思惑が複雑に絡み合った南4局1本場、滝沢にとっては園田ラスという理想の並びが出来ていた。「最後は難しかった。園田さんに鳴かせればこの半荘はトップで終われるけど、おそらく逆転出来そうな手であろうと。ただ多井さんに連荘されると自分のトップが危うくなるので、佐々木寿人頑張れという麻雀だった」と最終的には園田がアガって3着に浮上したので、トップラスは決められなかったがトップは死守。首位の赤坂ドリブンズとはジャスト300ポイント差でフィニッシュした。


 EX風林火山にとっては、赤坂ドリブンズとトップラスを3回決めてようやく逆転できる状況ではあるが、この滝沢のトップがなければ、残り3戦での逆転優勝が俄然厳しくなる状況下で「一応最終日につながった」と土俵際で意地を見せた。


 10月1日に始まったMリーグも最終日を残すのみ。レギュラーシーズンチーム首位通過の立役者である滝沢は「最後まで諦めない」と大逆転勝利を見据え、口を真一文字に結んだ。【福山純生(雀聖アワー)】

【3回戦結果】


1着 EX風林火山・滝沢和典(連盟)4万1900点/+61.9

2着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)2万5800点/+5.8

3着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)1万6400点/▲23.6

4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)1万5900点/▲44.1


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


【3月30日終了時点での成績】


1位 赤坂ドリブンズ +565.1(21/24)

2位 EX風林火山 +265.1(21/24)

3位 渋谷ABEMAS ▲287.1(21/24)

4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲294.6(21/24)


※レギュラーシーズンポイントは半分持ち越し


◆Mリーグ 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は毎週土日計8日間(3月16日・17日を除く)、 1日3試合、 合計24試合を行う。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】 Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ7日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000