多井隆晴、茅森早香、滝沢和典が個人賞受賞 各選手コメント/麻雀・Mリーグ

 昨年10月からスタートしたプロ麻雀リーグ「Mリーグ」が3月31日に全日程が終了した。最終戦後に行われた表彰式では、レギュラーシーズンにあたる「大和証券Mリーグ2018」の個人成績3部門(個人スコア・平均打点・4着回避率)の表彰も行われた。各部門の1位選手のコメントは以下のとおり。

個人スコア第1位 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)476.3ポイント


 今まで20年以上麻雀プロ続けてきて、1回辞めようと思った時期がありまして、そこにたくさん人に助けていただいて。いただいたばかりでまだ返せてないので、これでほんの少し返せたと思います。社会貢献できるような麻雀プロを目指して頑張っていきたいと思います。


平均打点第1位 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)7873点


 セガサミーフェニックスとしてはファイナルにいけなかったんですけど、初代こういう賞をもらって、名を刻めてよかったと思っております。半年間、Mリーグを見てくださったみなさんありがとうございます。また来期も応援していただけたらいいなと思います。ありがとうございました。


4着回避率第1位 EX風林火山・滝沢和典(連盟)0.90


 4着回避だけを狙っているとポイントが加算されないんですが、そっちの方も積み上げる麻雀が自分としては打てました。チームは惜しくも2位となっていましたが、来年度も楽しんでいただけるように精進してまいりますので、応援よろしくお願いします。


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆Mリーグ 7チームが各80試合を行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出するリーグ戦。開幕は2018年10月、2019年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ最終日

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000